JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

8才のチワワなんですが、僧坊弁閉鎖不全症と診断されて、7月13からACE阻害薬内服中です。 初めて受診したときも呼

解決済みの質問:

8才のチワワなんですが、僧坊弁閉鎖不全症と診断されて、7月13からACE阻害薬内服中です。
初めて受診したときも呼吸数が一分間に60回くらいでしたが、内服はじめた今もかわらずです。
気 になるために再度受診しましたが、利尿剤使うと腎臓によくないからとACE阻害薬の効果が効いてくるのを待ってみるようにいわれました。効き目は1週間くらいできいてくるだろうと、それまでは安静
にするようにとのことでした。
ご飯も食べるし、外で声がしたりすると吠えたり跳ねたりしますが、いつもより元気がない様子ですし、不整脈もでるようになりました。
次の受診は4日後ですが、早めに受診したほうがいいでしょうか?
呼吸数が早いのは薬がきくまで様子をみても大丈夫でしょうか?
脈も早くて、そのうちバテて悪くなるのではととても心配になります、どうか早めの回答をよろしくお願いします。
ちなみに舌の色をみて注意するようにいわれましたが、いまはチアノーゼはないようです。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんにちわ。

再度のご質問ありがとうございます。

何度か回答させてもらいましたが、僧帽弁閉鎖不全症のみでは、安静時に呼吸が荒くなることはありませんし、肺水腫を起こしているのならACE阻害剤を使い続けてもよくはなりません。

一度セカンドオピニオンを受けにいかれてはいかがですか?
質問者: 返答済み 4 年 前.

ACE阻害薬は腎血流を増やして尿の排泄を促し心不全や腎不全の治療に役立つと聞いたのですが肺水腫だとしたら使い続けてもよくはならないものなのでしょうか??


やはり、肺水腫をおこしているのでしょうか??


 


違うところで早めにみてもらったほうがいいでしょうか?

専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
A CE阻害剤は主な働きは血管拡張になりますので、肺水腫の予防にはなるかもしれませんが、肺水腫になってしまっている子では肺水腫をよくすることは難しいです。

それから、肺水腫があるかどうかは検査をしないとわかりませんが、何度もお話ししているとおり、僧帽弁閉鎖不全症のみでは運動時に呼吸が荒くなることはあっても安静時に呼吸が荒くなることはまずありません。
ですので、レントゲンで肺の一部が白くなっていたということを考えても肺水腫がある可能性は高いと思います。

セカンドオピニオンが必要かどうかはわかりませんが、今の治療でよくならないのであれば受けておいた方がいいのではないかと思います。
質問者: 返答済み 4 年 前.

セカンドオピニオンしてきました。


心臓のエコー検査をしてもらい、三尖弁も閉鎖不全症があるといわれました。重度との診断でACE阻害薬と、強心薬と、利尿剤をいただきました。


きちんと検査をしてもらい、安心しました。


セカンドオピニオンしてよかったです、アドバイスありがとうございます。


 


でも、診断が重度とのことでこれからのことが心配です。薬を飲んでもよくなるでしょうか?


 


先生は呼吸数は楽になるといわれましたが、弁膜症はよくはならないのであればこれからどうなるのでしょうか?


怖くて聞けませんでした。


 


 


 

専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
そうでしたか。
やはり利尿薬も必要でしたか。

基本的に心臓自体をお薬で変えるとかよくするということはできませんので、今の心臓でも少しでも楽に生活できるようにするというのが、心臓の治療の目的です。

お薬が効いてこれば、肺水腫が改善して、循環もよくなってくる可能性が高いので、呼吸は楽になるでしょう。
弁膜症は徐々に進行してしまう可能性は高いです。
進行の程度はその子その子によって変わってかわってきます。

大切なのは心臓や肺の状態によって、それに合うお薬を使ってもらうことでしょう。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

ありがとうございます、薬を調節してもらってこれから少しでも永く生きてもらえるように先生と相談しながら治療を続けていきたいと思います、色々と相談に乗っていただきアドバイスありがとうございました。


おかげで少しでも早く薬をもらえて呼吸を楽にしてあげることができ本当に助かりました、ありがとうございました。

犬 についての関連する質問