JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

issafd3sに今すぐ質問する

issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

14歳キャバリアのメスです 6月初旬に頻尿の上血尿が出ましたので(頻尿はもう少し以前から)、かかりつけの獣医で診て

解決済みの質問:

14歳キャバリアのメスです
6月初旬に頻尿の上血尿が出ましたので(頻尿はもう少し以前から)、かかりつけの獣医で診てもらい膀胱炎の薬をもらい10日ほど呑ませましたが改善せず、その後の尿検査で赤血球が出たので詳しく尿検査をしました。先生は移行上皮癌を疑ったようですが
結果はV-BTA陽性(+)細胞診断「膀胱粘膜に過形成粘膜肥厚病変の存在が疑われる」とあり、所見では「塗抹標本は主に 赤血球からなり、塗抹成分中の有核細胞はきわめて少なく、N/C比の大きな中核の上皮細胞が単独あるいは小集塊として散見されます。核はほぼ均一な類円形で、上皮細胞の細胞異型はみとねられません。その他、小リンパ球が少数こんざいしています。」との事でした。
この結果移行上皮癌ではなく慢性膀胱炎の悪化した状態との診断で引き続き膀胱炎の抗生剤や止血剤の加え、年齢を考えて少量の女性ホルモンをのませています。
(以前より心臓の薬はのんでいます)
しかし、7月に入り頻尿に加え我慢できないように漏らしてしまうようになりおむつを使うようになりました。
この5〜6日は急に全く食欲がなく、野菜や肉入りおかゆやペットショップの栄養缶詰、栄養補給ジェルなどあらゆる手を試しましたがほとんど食べない状態です。
今はかろうじて犬用おやつのビスケットを少し食べるくらいで、水を大量にのみます。

高齢でこの猛暑なので体力と体重も落ちておりとても心配です。
お聞きしたいのはこの検査結果は膀胱に関するものだと思いますがその他の病気を疑ったほうが良いでしょうか?
膀胱炎の薬をのみ続けて約1ヶ月半になりますが食欲不振との因果関係やはないでしょうか。
もともと食は細く、体のあちこちにカユミがある体質ですが、食事は普通の13歳以上のフードでした。
高齢ですのである程度は覚悟しなくてはとは思っていますが、食事など何か良い方法があればアドバイスを宜しくお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.

こんにちは。

14歳の雌のキャバリアで膀胱炎の治療中、7月に入り多飲多尿で食欲不振ということですね。

可能性としては腎臓機能低下による食欲不振や多飲多尿が考えられるのではないでしょうか。膀胱炎と関係しているかもしれません。

なるべく早めに受診されて、血液検査やレントゲン、エコーにて膀胱の粘膜の状態や腎臓の状態を確認されることをお勧め致します。

膀胱粘膜に肥厚が見られる場合には必ず定期的に膀胱粘膜を確認し、どんどん大きくなる場合にはV-BTA陽性(+)でもあるので、腫瘍を疑う必要もあるかもしれません。

おしっこが我慢できなくなったのは、沢山水を飲んで尿量が増えたためだと思います。そうなっているのかをしっかり調べることをお勧め致します。

食事については食べないのではなく、体調が非常に悪いので食べることができないのだと思います。従いまして食事の種類の変更というよりはやはり検査をはやめにされることをお勧め致します。

質問者: 返答済み 3 年 前.

返答ありがとうございます。


 


さっそく明日にでも再度受診したいと思います。


前回行ったおりに、レントゲンとエコーはしていただきました。


レントゲンは胃の働きが活発でないのでガスのようなものがあると胃腸薬をもらいました。


エコーではやはり膀胱の内膜が肉厚でがたがたしていましたので


今後は定期的に確認したほうがよいという事ですね。


 


腎臓機能低下の可能性とありますが、


その場合はまた腎臓に関しての細胞診断をする必要があるのでしょう


か?


V-BTA陽性(+)とでたのは腎臓に関してではともおもうのですが。


 


血液検査は受けていませんのでそれでわかるのでしょか?


 


腎臓機能低下だとすれば、投薬である程度は回復できるのでしょうか?


 


よろしくお願いします。


 


 

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.

ご返事ありがとうございます。

膀胱の粘膜に肥厚が認められる場合にはできれば1週間ごとに肥厚の具合を確認していただくことをお勧め致します。

私が心配しておりますのは膀胱の粘膜の肥厚によって、尿管の出口が塞がってはいないかということです。腎臓で尿が作られますと尿管という細い管をとおって膀胱におしっこを送り、その結果膀胱に尿が貯留します。しかし膀胱粘膜が肥厚した場合その尿管の出口が塞がり尿を膀胱に送れなくなります。そうなると腎臓で作られた尿のいき場所がなくなり腎臓に尿が貯留する水腎症という状態になることがあります。これは状況としては緊急事態ですので何とかする必要があります。

V-BTA陽性ということはこれは腫瘍マーカーだと思います。炎症の場合でも上昇することもあるかもしれませんが、要注意です。腎臓の問題ではなく膀胱の腫瘍(膀胱移行上皮癌)に関するマーカーとして使われることが多いです。V-BTAでネット検索するとモノリスという会社の説明が出てきます。

腎臓の細胞診をする必要は今のことろ不明ですが、それよりも血液検査にてBUNやCREの上昇がないかどうかや、レントゲンやエコーにて膀胱や腎臓の状態を調べることが先だと思います。その結果必要であれば細胞診も可能性としてあり得ますが、かならずしも必要ではないと思います。

腎機能の低下が上記のような水腎症で起きているのであれば、閉塞を解除しなければよくならないと思います。もちろんそれ以外で腎臓機能が低下している場合もありますし、腎機能以外の問題で具合が悪い可能性もあります。

今のところ回復の見込みについてはなんとも判断しかねる状態でございます。しかし治療方法が全くないということは無いと思います。

質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございます。


分かりやすく説明していだだいたので納得ができました。


 


とにかく監査をしてみないと分かりませんが


もし、腎臓機能低下による水腎症であるならば閉塞を解除するとありますが、その場合はどのような方法ですか?


緊急事態とありますので見逃さないようにしたいのですが


行動や症状などでのサインなどがあれば教えて下さい。


 

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.

ご返事ありがとうございます。

もし尿管の膀胱への開口部が塞がっているのであれば、内科的治療としてはピロキシカムなどの非ステロイド系消炎鎮痛剤を使用して粘膜の肥厚を抑える治療をする必要があると思います。

水腎症になっているかどうかは軽度であれば触診では分からないですが、重度になると背中側の腰より少し上あたりを触ると楕円形の丸いものが触れるようになります。正常でも触診にて腎臓を触れることはありますので、その大きさが左右差に極端に違いがあるかどうかや正常と比べて大きすぎないかどうかなどで判断します。しかし触り慣れていないと分かりずらいです。

行動として水腎症に特徴的なものはございませんが、一般的に元気がなくなり食欲低下、背中を触られるのを嫌がる、などではないかと思います。また腎不全になっていれば水を飲む、食欲不振、元気なしなどの症状が出ると思います。また排尿 ができているかどうかも見ておかれることをお勧めします。腎臓は左右2つありますので、片方がダメでももう片方が大丈夫であれば尿はでるとおもいますが、めったにないと思いますが両方とも尿管閉塞を起こしていると尿ができなくなるので排尿しなくなります。そうなると一気に具合が悪くなります。末期になると意識が混濁し低体温になりますので体が冷たく感じられます。

質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございました。


 


最後にもう一つ質問ですが


膀胱炎からくる腎不全の場合は、現在のんでいる薬を続けるのでしょうか。


薬は「アーツェー10mg」と名前は分かりませんが数字で40と表面に書かれた白い錠剤です。


心臓の薬に加えて約1ヶ月半ものみ続けていますが改善されず(血尿は無くなりましたが)


食欲も見るからにおちたように思います。


 


素人判断ではありますが大丈夫?と疑ってしまいます。


 


 


 


 

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.

ご返事ありがとうございます。

アーツエーというお薬は血管を補強して出血傾向をなくす止血剤です。

副作用として食欲不振、悪心(吐き気)などがあるとされていますので、このお薬が原因で胃の具合が悪いと考えられる場合には一旦中止して他の薬に変えるか、ガスターなど制酸剤を使用するほうがよろしいかと思います。しかしこのお薬による食欲不振かどうかは検査してみて腎不全その他異常が無い場合に最後に疑われることになりますので、最初からこのお薬が食欲不振の原因と決めてかからないほうがよろしいかと思います。

まず明日受診されて主治医の先生とよくお話されて、できれば血液検査、レントゲン、エコーなどしっかり検査されることをお勧めします。1か月半も症状の改善が認められないのに同じ治療を検査なしで続けることはよろしくないと思います。宜しくお願い申し上げます。

issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験: 北海道大学獣医学部卒業
issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • 命が危ないから、すぐ病院に生きなさい、とご指導頂き、直ちに夜間診療に走り、尿道結石、並びに膀胱炎で、重篤な病状が見つかり、一命を取り止めました。本当に嬉しかったです。本日退院予定です。有難うございました。先生が、すぐ病院へ、とご指導して下さらなかったら、一日延ばしていたと思います。背中を押して下さった先生に大感謝です。 岐阜県大垣市 清水
< 前へ | 次へ >
  • 命が危ないから、すぐ病院に生きなさい、とご指導頂き、直ちに夜間診療に走り、尿道結石、並びに膀胱炎で、重篤な病状が見つかり、一命を取り止めました。本当に嬉しかったです。本日退院予定です。有難うございました。先生が、すぐ病院へ、とご指導して下さらなかったら、一日延ばしていたと思います。背中を押して下さった先生に大感謝です。 岐阜県大垣市 清水
  • 貴重なセカンドオピニオンをいただいた。 かかりつけ医師の診断結果を鵜呑みにしていたらペットは衰弱して死んでいた。このサイトでアドバイスを受けて、遠くでも良い医師の診断を受ける選択肢があることを知った。 今回のケースではギリギリ手遅れにならずに手術を受けることになった。地元に医師を軽んずる訳ではないが、別の専門医の意見を聞くことは重要と痛感した。 このサイトに出会えて良かった。かかりつけ医師の診断方法、投与薬、診断結果から技術不足を見抜いた。結局レントゲンをすれば原因はすぐわかることだったが、思い込みから実施しなかったと思われる。 いずれにせよ、このサイトの先生のアドバイスは納得のいく説明であった。 大阪府 別所
  • 緊急性があるな!!って思ったら仕事休んでも、夜の救急病院にでも行くと思いますが、あれ…!!何か様子がちょっと変か も…の状態が続き、仕事も忙しく、とにかく病院に 連れて行くのが大変!!!どうしようか迷いながら心配で仕事していても落ち着かない、もう一匹が病院に かかり2日間で五万、六万とお金がかかったばか り。そんな時ネットで調べていて、こ ちらにお世話になりました。救急では無く今の状態が飼い主の私自身が納得したかった。明け方でも夜中でも親切に対応して頂きそしていろんな症状も想定され納得しました。安心して仕事に出掛けれました。ありがとうございました。何かの時はまた利用させて頂きます。 東京都 藤田
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • yasuyuki

    yasuyuki

    獣医師

    満足した利用者:

    258
    北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/YA/yasuyuki/2011-8-27_24733_SN3A0090.64x64.JPG yasuyuki さんのアバター

    yasuyuki

    獣医師

    満足した利用者:

    258
    北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/SH/shiratamaah/2011-8-29_12220_DSC0870.64x64.jpg shiratama_ah さんのアバター

    shiratama_ah

    獣医師

    満足した利用者:

    15
    勤務医として副院長を務めた後、都内で往診専門の動物病院を開院いたしました。
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/SP/spacevet1/2011-11-6_141713_2011kt.64x64.png 高橋 賢 さんのアバター

    高橋 賢

    獣医師、医学博士

    満足した利用者:

    8
    医学研究歴11年
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/LO/loverai0210/2011-9-6_22472_shirtF1.64x64.JPG loverai0210 さんのアバター

    loverai0210

    獣医師

    満足した利用者:

    984
    動物病院に勤務しています。主に犬猫の診察をしております。
  • /img/opt/shirt.png japavet さんのアバター

    japavet

    獣医師

    満足した利用者:

    2447
    獣医臨床歴6年
  • /img/opt/shirt.png issafd3s さんのアバター

    issafd3s

    獣医師

    満足した利用者:

    1082
    北海道大学獣医学部卒業
  • /img/opt/shirt.png atlus302 さんのアバター

    atlus302

    獣医師

    満足した利用者:

    318
    臨床家
 
 
 

犬 についての関連する質問