JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

10歳から1年に1度、血液検査を受けています。 11歳の検査でBUNが84、Creaが2,5と出て、緊急入院し、2

解決済みの質問:

10歳から1年に1度、血液検査を受けています。
11歳の検査でBUNが84、Creaが2,5と出て、緊急入院 し、2日半点滴を受けましたがBUNが70台と思ったほどの結果が得られず、通院で内服薬と皮下点滴を週3回することとなりました。
ところがこの治療のあとに突然、目が見えなくなったようであちこちぶつかり、しかも足取りも悪くふらふらしてすぐ倒れてしまうようになりました。
もともと、神経質な犬で初めての入院で認知症のようになったのかとも思ったりしますが治療の副作用かとも考えますが・・・・
何が考えられるでしょうか?
一過性のもので改善されるのでしょうか?
心配です。
犬種はヨークシャーテリアで11歳、雌、体重は1,9キロです。
ご指導ください。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。


あくまで推測でしかありませんが、腎不全があったことと点滴を受けたこと、それからその症状から考えるに、高血圧があって、網膜剥離を起こしたか脳出血などを起こした可能性があるのではないかと思います。

腎不全があると高血圧になっている子が多いのですが、ワンちゃんの場合、緊張するとさらに血圧が上がってしまうため、人のようにしっかりとした血圧の検査が難しいです。
神経質な子であれば、なおさらそれだけ でも血圧が上がります。
その場合、網膜はく離や脳出血のリスクは高まります。

実際になぜそうなっているのかに関してはMRIや眼科の専門医で網膜の検査をしてもらわないとわかりませんが、MRIは全身麻酔が必要になってきます。

一過性のもので改善されるかどうかに関しては経過を追わなければわかりませんが、もし血圧測定が可能であれば、測定してもらい、おそらくは軽い血管拡張などの血圧降下薬などが必要ではないかと思います。
腎不全の子では脱水気味になっている子が多く、強い血管拡張をしてしまうと低血圧を起こして腎不全が進んでしまうことがあるので、あまり強い血管拡張薬は使えません。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.


ありがとうございます。


お医者様からも血圧の変動についてはお聞きしました。


脳出血の場合、命にかかわりますか?


網膜剥離だと失明でしょうか?

専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
返信ありがとうございます。

脳出血の場合は、出血の部位や量によって変わってきます。
ただし、おそらくはすでに出血は止まっているものと思われますので、それ以上進行することはないと思います。

網膜剥離であれば光を感じることができませんので、失明になります。

血圧が高いとこれらが再度おこるリスクは高くなりますので、可能であれば血圧のコントロールができるといいかと思います。
質問者: 返答済み 4 年 前.

重ね重ねありがとうございます。


適切なお答えで感謝です。


 


又、様子を見ながら質問させてください。

専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
はい、お大事にどうぞ。
質問者: 返答済み 4 年 前.

再び質問ですが、その後検査をせず、点滴を一日おきにしていますが治療のたびに弱っていくのが見て取れます。

 

入院前はとても元気でした。

 

検査の結果で初めて腎機能が悪いと知り、治療に入りましたが3日後に別人のように(目が見えなくなり、歩けなくなった)なって帰ってきたわけですが、そのようなことって症例としてあることなのでしょうか?

 

とても不安です。

 

目は光は感じているようです。見えないことで警戒するようになり、食事を全くとらなくなりどんどん痩せていってます。

 

どんなことでも結構です。

アドヴァイスをいただければ幸いです。

 

 

質問者: 返答済み 4 年 前.

こんな時間にすみません。


その後、治療するたびに弱ってきているのが見て取れます。


 


そもそも入院前まではとても元気でした。


 


点滴治療のあとに失明、歩行困難、食欲不振となりました。


 


治療で悪化することは症例としてあることなのでしょうか?


 


とても不安です。


 


血液検査は3日間の入院後に再度して、クレアニチンは正常値になりましたがBUNは72とあまり下がっていません。


 


その後も点滴治療と増血剤を一日おきに受けています。


 


しかし治療するたびに体力消耗で動けなくなってきています。


 


このまま、継続するか大学病院で目の検査も含め、診てもらったほうがいいのかなやんでいます。


 


 


 


 


 

専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんばんわ。

数値的には点滴治療が必要かどうかは微妙なところがあります。

一度点滴を完全にやめて調子を見てもいいでしょう。

あまり点滴しすぎると過水和といって、体の中に水分過剰になりますので。大学病院でもいいですし、他の病院でもいいのでセカンドオピニオンを聞きにいかれるのもいいと思います。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.


ありがとうございます。


とにかく調小型犬なので私も点滴の量に不安を感じていたところです。


セカンドオピニオンを受けてみます。

犬 についての関連する質問