JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

1ヶ月前に遠方から出張の形で販売に来ていたペットショップでミニチュアダックスの男の子を購入しました。 その時は先住

解決済みの質問:

1ヶ月前に遠方から出張の形で販売に来ていたペットショップでミニチュアダックスの男の子を購入しました。
その時は先住犬との繁殖がしたいと思い、健康かどうかを確認して、大丈夫だということで購入を決めました。

3回目の予 防接種をするために、先日かかりつけの動物病院に行ったところ、先天性の膝蓋骨脱臼(グレード1)との診断を受けました。

もちろん、そのようなことは想像もしておらず、かなりショックでした。

購入時には6ヶ月間の生命保障ということで2万円も支払いましたし、ペット保険にも加入しました。
ペット保険の約款には先天性の異常には支払いができないと書かれています。

その件も含めてペットショップに連絡をしましたら、ペットショップの健康診断では異常が見つからなかったので
先天性の疾患ではないと言われました。
そして膝蓋骨脱臼のグレード1程度では、今後は悪くなることも無いと言うのです。

本当に今後何も症状が出ず、健康に生活していけるのでしょうか?

ペットショップから直接かかりつけの獣医師に連絡を取ってもらい、先天性であるということを聞いていても
大丈夫だと言うのですが、獣医さんは、今後成長するにつれて、関節炎などの可能性も多分にあるし、
おそらく交尾もうまくいかないだろうと言われました。
(その前に、先天性の異常があれば、まずもって繁殖はできませんよね。)


私としては、繁殖が大きな目的ではないにしても、原則は健康な子を購入したかったにもかかわらず、このようなことになったので、ペットショップにはなんらかの責任を取ってもらいたいと考えています。

生命保障の対象になるのであれば、対応を求めたいです。
(連れてきた子に情があるので、かなりためらいはあるのですが・・・)

あくまでもペットショップ側が異常がなく販売したと主張するようでしたら、どのように対応したら良いのでしょうか?

ペットショップ側は健康診断で異常がなかったのを再度確認するからということと、保険の対象になるのかを確認するとのことで、明日の夜、また連絡をとることにしています。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

確かに膝蓋骨脱臼は先天性の素因が大きいですが、それを子犬ちゃんのうちから把握するのは不可能です。
今3ヶ月でGrade1だとすると今後、骨の成長とともにそれが自然に収まる可能性もありますし、逆にGradeが上がっていく可能性もあります。

保険の対象になるのかとか、生体保証の対応になるのかどうかというのは、保険会社並びにショップとの規約によって変わってきますので、契約時にかわした契約規約を見て判断してもらうしかないと思います。
質問者: 返答済み 4 年 前.

早速のお返事ありがとうございます。


 


それですと、ペットショップ側の言う、健康だと診断されて販売したということで間違いはないということでしょうか?


だとすると、保障してもらえない可能性も高いということになりますか?


 


しかし、今後症状が出るとも出ないともわからないのであれば、このまま元気でいられるからと言うペットショップの言い分は鵜呑みにはできないということですよね?


 


治療が必要になったときのことを思うと不安で仕方ありません。

専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
2ヶ月の段階で膝蓋骨脱臼を診断することはほぼ 不可能ではないかと考えます。
その段階では膝関節はほとんど出来ていませんので。
先程も書きましたが、保証してもらえるかどうかは規約次第です。

それから今後症状が出るかどうかはわからないでしょう。
半年で症状が出る子もいますし、3歳以上になってから出る子もいます。

Grade1のままであれば、治療は必要になることは少ないですが、Gradeは上がることもあるので、治療が必要になる可能性もあります。
その場合は手術が必要になることもあります。
質問者: 返答済み 4 年 前.

そうですか。


ありがとうございました。


 


規約については、ペットショップや保険会社と話し合ってみます。


 


治療が必要になる可能性もあるということでは覚悟が必要ですね。


 

専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
はい、治療が必要になるかどうかは今後、骨が成長していった時に膝蓋骨や膝関節がどう成長していくかによると思います。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問