JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

2年半程前に膀胱結石と診断され、今年の5月下旬に尿管結石になりました。 シュウ酸カルシウム尿石です。 5月下旬と

解決済みの質問:

2年半程前に膀胱結石と診断され、今年の5月下旬に尿管結石になりました。
シュウ酸カルシウム尿石です。
5月下旬と今月の4日に尿管から結石を膀胱内に戻す処置 をしていただきました。
処置の翌日に少し尿が出ただけで、それ以降は血尿が少し出るだけです。
食欲も無くなり、処置以降全く食べていません。
また、2週間程前にフードを病院からいただいた試供品に替えてから、水も飲まなくなりました。今は以前のフードに戻しています。
水は2週間程まともに飲んでないし、食事も丸4日していないのに、血尿が止まりません。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

確認ですが、尿管結石ではなくて尿道結石でよろしいですか?(尿管は腎臓と膀胱の間の管です)
質問者: 返答済み 4 年 前.

nyoudou desu


 


sumimasen

専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
返信ありがとうございます。

そうであれ ば、おそらく再度結石が尿道の方へ落ちてきているのではないかと思います。
完全閉塞ではないかもしれませんが、尿道の部分閉塞を起こしている可能性が高く、そのままおいておくと尿毒症を起こして命の危険があります。
尿道に石がないかカテーテルで再度チェックしてもらうとともに、恐らく手術で結石をとってもらわないと何度も繰り返すことになりますし、尿道炎からどんどん尿道が狭くなってしまったり尿道穿孔を起こす可能性もあります。
年齢も高齢ですが、手術をしないと難しいのではないかと思います。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問