JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

突然、尋常じゃない声(きゃんきゃん)をだして鳴き出し走りまわり、どうしたのかわからず声をかけると 少しの間、体に力

解決済みの質問:

突然、 尋常じゃない声(きゃんきゃん)をだして鳴き出し走りまわり、どうしたのかわからず声をかけると
少しの間、体に力を入れた状態で固まっています。
時には、体に触れるだけで同じ状態で鳴き出す時があります。

少し落ち着いてからは、不安からなのか後を追って離れようとしません、もしくはダッコを求めてきます。何か虫にさされたのか、もしくは、骨折しているのかと思い、病院にも行きましたが、先生が触診した限りしても痛がる様子のなく、炎症止めの薬を飲ませて安静にするように言われましたが、一向に良くならずどうしてあげたらいいのか、わかりません。
寝ていたり、横になっている時にそういった状態になります。何か思い当たる病名はありますか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

炎症どめのお薬は具体的に何ですか?
また、血液検査でCRPは測ってもらっていますか?
質問者: 返答済み 4 年 前.

炎症止めの薬はピンクのRIMAOYLと薬に書いてあります。


CRPは0となっています。

専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
返信ありがとうございます。

CRPが0であれば、体の中に炎症反応がないという証拠です。
CRPは炎症に非常に敏感な数 値のため、機械エラーでもない限りなんらかの炎症性疾患では上がってきます。
その年齢ですと、自己免疫性関節炎などもかなり強い痛みを示す病気ですが、その場合はCRPが0というのは考えられません。

椎間板ヘルニアや馬尾症候群などの脊椎疾患ではCRPは上がらなくてもかなりの痛みを出します。
これらの病気はレントゲンでもある程度疑うことはできますが、CTやMRIなどが必要になるかもしれません。
質問者: 返答済み 4 年 前.

そうですか・・やはりヘルニアを疑ったほうが良いのですね・・


あまりにも突然、このような事になったので、他に、何か精神的な病気など考えられる事などありますか?

専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
わんちゃんの場合、自覚症状がわからないので、ヘルニアのほとんどは突然なります。
むしろ徐々になることの方が稀です。

もし何らかトラウマになるようなことがあれば、精神的なものによる過敏症というのも考えられなくはありませんが、お話を聞く限りでは精神的なものだけではそうなる可能性はかなり低いと思います。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問