JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yasuyukiに今すぐ質問する
yasuyuki
yasuyuki, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 709
経験:  北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
61682647
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
yasuyukiがオンラインで質問受付中

シ-ズ13歳オス(去勢)、体重8.5Kで太り気味(長年)、食欲旺盛で人の食べ物も欲しがる。 普段はペットフ-ドを朝

解決済みの質問:

シ-ズ13歳オス(去勢)、体重8.5Kで太り気味(長年)、食欲旺盛 で人の食べ物も欲しがる。
普段はペットフ-ドを朝晩。人の食べ物も与えてしまっていた(パン、煎餅の欠片、バナナなど少量)
一週間前に激しい嘔吐をしてその後元気なく呼吸もおかしく食欲ゼロとなり、翌日病院へ。
血液検査でALP値1257、白血球21700、GTP141、処置として皮下点滴、皮下注射を3日間行い、二度目の検査でALP1001、白血球24200、GTP74と出た。この時は食欲も出て元気になってきて
いる様子。昨日から内服薬を呑ませている。
医師からの診断は胆嚢炎ではないでしょうかと云われました。
今朝、何時もより少な目に餌(ドックフ-ド顆粒)を与えると、昼頃に嘔吐しました。
その後は発病したてのころよりは元気ですが普段の元気ではありません。
内服薬は5日分処方されましたが、不安と心配で。病名がはっきりしないので余計です。
セカンドオピニオンした方が良いでしょうか?長くかかりつけの病院ですが、担当医が変わってしま
い診察問答にも不安になってしまいます。
症状にさいて何かアドバイスをお願い致します。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  yasuyuki 返答済み 4 年 前.

頂いた情報の中での回答です。納得いくまで詳細を追加してご質問ください。文章の稚拙を含めメールでの正確な意思疎通は非常に困難といわれています。

実際に診療にあたった主治医の診断に優るものではないと考えています。

これだけの情報だとはっきりしません。

太っているので、肝臓に脂肪がたまる脂肪肝の可能性や、甲状腺、副腎などの異常で、このような結果が出ます。確定診断にいくには、さらに検査を加えていく必要がありそうですね。

血液検査は行っているようですが、ほかの検査結果を教えてください。

それにより、今後の方針がある程度お話しできると思います。

お待ちしております。

質問者: 返答済み 4 年 前.

一月前は血尿が一週間程続き、抗生投薬と尿検査(異常なし)を。


数年前から黄色い胃液を吐くことがちょこちょこあります。


 


食事におから、キャベツ、ニンジン(茹でたもの)をドックフ-ドに混ぜて満腹


 


感を与えていました。0才のころは性格分離症では?の診察も受けた事が


 


あります。性格は穏やかで人なつっこく、特に私を追います。睡眠も一緒。


 


一週間前に突然こんな症状になったので、これからどのような注意をしたら


 


よいのかと。食事療法は云われました。


 


5日分の処方薬後は再診にとも云われていません。


 


もし、これで落ち着くようでしたら病院に行かなくて良いのでしょうか?


 


 


 


 


 

専門家:  yasuyuki 返答済み 4 年 前.

ご連絡ありがとうございます。。

検査はあまりされていないようですね。

検査をしていないのが、飼い主様のご意向ではなく、動物病院側の姿勢であれば、セカンドオピニオンを求め、そこで、検査をしてもらったほうがいいでしょう。

血尿がでていたとのことですが、それが今回のことと関係あるかどうかはわかりませんが、一一緒に調べてもらったほうがいいでしょう。

もし、このような症状で当院を紹介受診された場合には、一般血液検査(肝臓病、腎臓病などの疑い)、必要があれば、甲状腺ホルモン測定(甲状腺機能低下症の疑い)、ACTH刺激試験という副腎の検査(副腎皮質機能亢進症の疑い)を血液検査として行なっています。

次に、X線検査で胸部と腹部を調べます(結石、腫瘍などの疑い)。

さらに超音波断層検査で肝臓、腎臓、副腎、膀胱はとくに詳細に検査を行ないます。

これらの検査を行なっても、胆嚢炎しかみつからなければ、抗生物質や肝臓の内服薬を処方させていただきながら、経過観察をしていきます。

嘔吐が続くようなら、内視鏡の検査を行ない、消化管内に異常がないか(潰瘍、腫瘍、異物)をチェックすることになるでしょう。

これでも原因がつかめない場合には、CT検査に進みます。

現在、病名がはっきりせず不安を抱えていらっしゃるようですので、できるだけ早めに検査を進めて行けば、きっと診断名がでると思います。

セカンドオピニオンをお勧めしますが、このままかかりつけ医と協力して、検査をすすめていかれてもいいとは思います。この辺のところは、飼い主様のご判断に委ねられます。

yasuyukiをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問