JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5445
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

シ-ズ12歳 メス 3.8キロの犬です。血液検査の結果、TSHの値が0.64で基準値より高く、T4,FT4が正常値な

質問者の質問

シ-ズ12歳 メス 3.8キロの犬です。血液検査の結果、TSHの値が0.64で基準値より高く、T4,FT4が正常値なため、TSHを下げるために甲状腺ホルモンの薬チラージンS-50を処方されました。薬裏面には0.05mg TZ224と記載があります。1日に4分の1錠を飲むように言われました。まず、疑問なのは、犬は人間と同じ薬で大丈夫でしょうか?処方されたものは人間用のものです。犬用のチラージンもあるのはネットで見ましたが、病院では一切言われていません。そしてこの量は適切なのでしょうか?わたしの犬は、水を飲むとむせ、ひどくなるとはいつくばり、鼻から泡を吹いてしまうため、それをどうにか治したくて病院に行きました。レントゲ ン等調べた結果は、甲状腺が少し小さいのと、筋肉が弱いため、水が逆流することがあり、このような症状を起こしてしまうのでは?ということでした。甲状腺の数値TSHが高いため、何らかの甲状腺に問題があるので、ホルモン剤を処方されたものです。当初、1日2錠を処方されて飲みましたが、逆にぐったりしだしたため、薬を飲むのをすぐやめました。その後半年ほど薬はやめましたが、やはりむせる症状は変わらないため、このたび再び4分の1錠を飲ませ始めました。4日ほど経ちましたが、元気になるとか、興奮するとかの症状は特にありません。普通の日と、元気がない日も1日ほどありました。この薬は大丈夫なのでしょうか?また、この症状にこの薬を飲む必要は本当にあるのでしょうか?
甲状腺機能低下症ではないと思います。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 4 年 前.
初めまして、質問ありがとうございます。

診察をしていませんので的確なアドバイスが出来ない場合も有ることをご理解ください。

追加の質問や情報が有れば書き込みをお願いします。

特に甲状腺機能低下症と関係ない症状のように感じます
あるとすれば咽頭の麻痺や咽頭障害、軟口蓋などの腫れなどが原因である可能性
が高いので鎮静下での咽頭の観察やCT検査で口や鼻の構造についてチェックする
などが検査の方針になる可能性が高いでしょう。

この部分の診断はCT検査や麻酔や鎮静をかけ た検査になるので
大学などの呼吸器循環器などの科で検査や診断してもらう必要があるでしょう。

お薬ですが日本では動物用が有りませんので人用を代用していますが
特に問題は無いようです。アメリカには動物専用のものがありますが
これは持っている先生は日本でも持っています。

よほど大量に飲まないと害のない薬なので、2錠だと少し多いですが
1/4を2回/日なら量から考えると問題ない程度で
これで副作用が出る可能性は稀だと思います。

飲んでも変わらないことからも、診断が間違っている可能性が高いでしょう、

質問者: 返答済み 4 年 前.

TSHの数値が、正常値より高いというのは、どう判断されますか?


大学の病院(内科)ではある程度検査し、鼻、器官など問題ないとのことでした。咽頭の筋肉が弱ると声の変化などでわかるなど説明を受けました。


内科では、咽頭の観察やCT検査で口や鼻の構造についてまでは検査


しないものでしょうか?

専門家:  wantaro 返答済み 4 年 前.
人間ではこの状態は早期の甲状腺機能低下症を疑うと考えますので
それに準 じて考える事はできます

但し、日本の検査センターでは正確な検査が出来ないので

私でしたらIDEXX社という会社でもう一度検査します

特にFREE-T4という甲状腺ホルモンはRIA法で正確に診断できるのですが
これは国内では出来ないのでIDEXX社に検査してもらいT4、FREE-T4、TSHの組み合わせでどういう事が起きているか検討するでしょう。

内科でも呼吸器や循環器が得意な病院でない場合には診断が難しい場合があります
他の大学で呼吸器などを得意としている病院でセカンドオピニオンを受ける
べきかもしれません。

犬 についての関連する質問