JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
loverai0210に今すぐ質問する
loverai0210
loverai0210, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1846
経験:  動物病院に勤務しています。主に犬猫の診察をしております。
60637329
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
loverai0210がオンラインで質問受付中

腫れている脾臓を即開腹し摘出すべきかどうか。現在貧血状態、一応止血剤と抗生物質を投与、食欲なし、体力は若干の低下。

質問者の質問

腫れている脾臓を即開腹し摘出すべきかどうか。現在貧血状態、一応止血剤と抗生物質を投与、食欲なし、体力は若干の低下。
パピヨン オス 来月7歳です。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  yasuyuki 返答済み 4 年 前.

頂いた情報の中での回答です。納得いくまで詳細を追加してご質問ください。文章の稚拙を含めメールでの正確な意思疎通は非常に困難といわれています。実際に診療にあたった主治医の診断に優るものではないと考えています。

貧血があるなら、すでに破裂している可能性があるので、緊急的に手術を行なうことをお勧めします。

しかし、自己免疫介在性溶血性貧血ということで、脾臓が腫れ、貧血状態なら、免疫抑制剤を強力に使えば、脾臓を摘出必要はないでしょう。それに反応せず、このままだと、脾臓に捉えられた赤血球がどんどん破壊されてしまうようなら、脾臓を摘出する方法も選択肢のうちに入ります。

X線、超音波の検査をしていないなら、セカンドオピニオンに他院を受診するか、二次診療施設(センター病院や大学病院)を紹介してもらうのがいいでしょう。

質問者: 返答済み 4 年 前.


もう少し情報をお知らせいたします。 数日前よりオシッコガ濃い黄色になり、食欲が落ちました。まったく食べないということではありません。しかし昨夜より血尿になり今朝救急に入り、その後、近くの獣医師に受診、レントゲン写真と触診により脾臓の腫れを確認、歯茎およびくちまわりの白さから貧血 状態と診断されました。開腹し腫瘍の病理検査をしなければ、悪性であるかどうかの判断はつかずということでした。ただし悪性であった場合はすでに転移している可能性が高く、余命三ヶ月ということです。良性の場合はその限りにあらずということです。ただし、貧血状態のため、開腹したとたんに、体力が持たない可能性があるので、その判断は飼い主に任せるとのことです。この状態で投薬によって腫れをひかせることは可能でしょうか。また、センター病院、大学病院への受診をまつ間に急変するリスクと、開腹するリスク、どちらがより危険であると思われますか?数日前までは殆どと言っていいほど、変わった様子はありませんでした。再度の質問になりますが、4時に再西院し、決断を告げなければなりません。ご回答あらためて宜しくお願い致します。

質問者: 返答済み 4 年 前.
再投稿:その他.
緊急ですので、宜しくお願い致します。
専門家:  loverai0210 返答済み 4 年 前.

質問が再投稿されましたので、答えさせていてだきます。 エコーはリスクがあるのでされなかったとのことですが、エコーをちょっと当てるくらいで破裂するとは思えませんので、まずはエコーを見てもらうことをおすすめします。今の病院が見てくれないのでしたら、少し大きな病院にいけば見てくれると思います。腫瘍の大きさにもよりますが、かなり大きくてすぐにでも破裂しそうな様子であれば早めに開腹をおすすめします。

腫瘍の大きさや脾臓の腫れかたにもよりますが、専門病院やエコーを見てくれるところがなくて、時間がかかるようでしたら、開腹したほうが早いと思います。

しかし、私なら腫瘍の大きさがまだ小さいようなら、ステロイドを使って反応を見てから決めると思います。

質問者: 返答済み 4 年 前.

エコーで確認してからもう一度考えてみます。現在貧血が進行しているようですが、輸血などの設備を整えて下さるセンター病院と連絡をとり、お願いすることにいたしました。回答を頂戴し、有難うございました。

専門家:  loverai0210 返答済み 4 年 前.
そうですね、レントゲンだけでは腫瘍がどれくらい大きいかなかなか判断できませんので、エコーは見てもらうべきでしょう。
輸血もしつつ、開腹すべきかもう一度検討されてよいと思います。
また何かありましたら、お聞きになってくださいね。
loverai0210, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1846
経験: 動物病院に勤務しています。主に犬猫の診察をしております。
loverai0210をはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.


現在入院中の病院から連絡があり、貧血がとまらないので輸血に入りますとのことです。エコ ーで診察した結果、自己免疫介在性溶血性貧血ではないかということで、ステロイド投与をしていましたが、効果がでないようです。午前中は32という数値が午後には27、現在では23くらいだとのこと、輸血の心配もあり、一体どういう病気なのかも皆目わからず、途方にくれています。4キロほどの小型犬ですので、体力が持つかも心配です。ステロイドの投与以外方法がないのか、同じステロイドでも種類や強弱の違いのある薬はないのか、一体なぜこんな病気にかかってしまったのか、後から後から疑問がわきます。こんな時間に申し訳ありませんが、何か教えて頂けませんか。今夜が山、必死で戦っている彼と私も一緒に少しでも戦っていたいと思っています。出来ることはわずかでも、せめて知識として知ることが出来れば、と質問させて頂きました。

専門家:  loverai0210 返答済み 4 年 前.
そうでしたか… 自己免疫性であれば、輸血してもまたすぐに貧血を起こしてしまう可能性があります。
エコーで見ていただいての診断ということで、脾臓が原因の貧血ではなかったのでしょうか?
ステロイド以外にもアトピカという免疫抑制剤があり、そちらは効果が結構よいので、聞いてみてください。輸血自体は拒否反応を起こさなければ、寝ているだけで点滴と同じで落ちていきますので、やってもらった方がよいと思います。

犬 についての関連する質問