JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

はじめまして 私は、ロングチワワのメス3才と同種のオス1才の計2匹を飼っております。  今年の春に生理がありオス

解決済みの質問:

はじめまして
私は、ロングチワワのメス3才と同種のオス1才の計2匹を飼っております。
 今年の春に生理がありオスもメスの上に乗っておりましたが
ロックしている ところを私は見たこともなく成功しそうになかったので
妊娠の兆しはないと思い排卵予想日から一週間御くらいの日に市が公園に回ってきた時に
狂犬病の注射を2匹に打ってもらいました。
それから1か月以上たった頃妊娠している事が判明いたしました。
医師が胎児の心拍は弱いと言われました。
それから10日後陣痛が始まり24時間以上たちなかなか産まれ相違なく母犬は苦しそうだったので医師に電話したところすぐ連れてきてくださいとの事。
家で待機してください酸素室に入れますといわれ母犬を預けて私は帰りました。
お産は自然分娩だったのですが、
胎児は生まれて数分後に亡くなったと連絡がきました。
亡くなった要因の一つに狂犬病の注射をうったことはかなりありますでしょうか?
そして
胎児の心臓が弱いなら帝王切開の方法でしたら助かっていた可能性はございますでしょうか?
もう過ぎてしまったことではありますが
二度とこのようなことにならないようにお教え願いますm(__)m
よろしくお願い致します。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

まず、狂犬病の予防接種は妊娠中には打たないことになっています。
流産や胎児の奇形が出る可能性があるためです。
ただし、今回の場合は妊娠初期に打たれているので、自然分娩できるまで育っていたのであれば、狂犬病のワクチンが原因で会った可能性は高くはないと思います。
排卵予定日から1週間後にワクチンを打たれたということですので、まだ胎児の器官はほとんどできていない状態だったものと推測できます。
その場合は通常はワクチンの影響を受ける場合、かなり強く受けることになりますので、胎児に全身的な影響を及ぼす可能性が高く、自然分娩できるまで育たない可能性は高いでしょう。
ただし、狂犬病の予防接種の影響を否定はできません。

それから、わんちゃんの妊娠期間は約60日であり、陣痛が始まる10日前となるとその時点での帝王切開というのは不可能です(取り出せるほど育っておりません)。
また、自然分娩が 一番胎児への影響は少ないため(ワンちゃんの帝王切開は全身麻酔を使わざるを得ませんので)、自然分娩で生まれてきて難しいのであれば、かなり厳しいでしょう。
帝王切開の適応はほとんどが、胎児が大きすぎて参道を通らない場合や陣痛微弱によるもので、生きたまま自然分娩できたのであれば、それが一番胎児への負担の少ない出産方法になります。

今回赤ちゃんがなくなったしまった原因として考えられることは
1.狂犬病の予防接種による影響
2.父親あるいは母親の素因
3.今回はたまたまうまくいかなかった
ということになると思います。

今回のようなことが起こらないようにするためには
1.妊娠の可能性がある時期にはワクチンやその他のお薬も(お薬の種類によっては妊娠期間に使えないものもあります)避けてもらい、何かで必要な時は必ず獣医さんに妊娠の可能性を伝えておく
2.次回も同じように死産になってしまう場合には父親の要因あるいは相性の問題も考えられるので、そのペアでは交配させない
3.妊娠がわかったら定期的に健診を受けておく
といったことが必要になるでしょう。
また、次回の生理の時は子宮を休めるために交配させない方がいいかと思います。
質問者: 返答済み 4 年 前.


かなり迅速なご回答ありがとうございますm(__)m


 


生まれてきた胎児は5体満足のとてもきれいな体でした。


 


過去に、前の犬を飼っていた時(同種)飼い犬が3回出産し赤ちゃんを見てきた経験がありますが、その時の赤ちゃんと同じ立派な体でした。


ただ違うのは息をしていないという事だけでした。


 


一概には言えませんが狂犬病の注射に連れて行った自分が100%の要因ではない事が解り言葉が無責任かもしれませんが少し楽?になりました。


 


それから次の生理の時を最後の妊娠と願っていましたが一回とばした方がよいのですね。


 


一回とばすと年齢的には4才になりますが妊娠に差支えない年齢でしょうか?


 


 


 


 


 


 


 


 


 

専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
そうですか、それであれば狂犬病の影響の可能性は低いでしょう。

初産はできれば三歳までくらいの方がいいですが、4歳でもそれほど問題ないと思います。
それよりは疲労した子宮でまたすぐに妊娠させる方のデメリットの方が大きいかと思います。
質問者: 返答済み 4 年 前.


もう一つお願い致します。


 


つがいで飼っていて共働きで留守をするときも家で放し飼いにしているのですが次回の生理の時はさくをして離しておく形が良いという事ですよね?


 

専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
そうですね。

その方がその次の回にうまくいく可能性は高くなると思います。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問