JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

10歳のパグで雄です。両足、お腹に直径1CM位の黒い斑点がついています。 近くの獣医師さんに診てもらったところメラ

解決済みの質問:

10歳のパグで雄です。両足、お腹に直径1CM位の黒い斑点がついています。
近くの獣医師さんに診てもらったところメラノーマの疑いがあり、麻酔による病理検査と去勢を勧められました。高齢であること、甘えん坊で今まで殆ど病気もせず入院や治療に対し、ストレスとなり急変したらと不安です。
斑点は指でこすると取れてきます。
去勢手術が必要なのか教えてください。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

こんにちは。

10歳のパグで両足とお腹に1cm位の黒い斑点があるということですね。

メラノーマの疑いということですが、外見上からその可能性があるということだと思います。

まず、その斑点のある皮膚をパンチ生検(皮膚をくりぬく器具で切り取る方法)で採取し、それを病理検査に提出することをお勧め致します。

その診断結果を次第で、やはり完全切除したほうがよいということになるかもしれませんし、切除以外の治療法でもよいかもしれません。

生検は局所麻酔で、できますので犬への負担も最少限で済みます。検査結果がでるまでの間1週間位は抗生剤を飲んでいただいき、結果をお待ちいただければよろしいかと思います。

診断が付いていないのに、いきなり全身麻酔で切除の話をされたので飼い主様は戸惑っておられるのではないかと思います。

まず診断をしっかりつけることをお勧め致します。その方法として局所麻酔で簡単に皮膚サンプルをとれるトレパンでのパンチ生検をお勧め致します。

質問者: 返答済み 4 年 前.
回答ありがとうございました。斑点が お腹と両足に点在しています。また、去勢手術の必要性についてご返答お願いします。
専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

ご返事ありがとうございます。

去勢手術が今必要かどうかということですね。

今回の黒い斑点と去勢手術とは直接関係ないと思いますが、

去勢手術が必要な場合としては、精巣の腫瘍がある場合、前立腺肥大や膿瘍がある場合には去勢手術をされるとメリットが大きいと思います。

そのような病気以外で、予防なども含めて健康上の理由から去勢手術をされる場合には、犬種がパグということもありますので、どうしても必要という以外は今現在の段階で積極的に手術する理由が無いと思います。

もし全身麻酔をかけて手術する必要がある場合についでに去勢もするという場合はありだと思いますが、その場合でも術前検査をしっかりされてから手術されることをお勧め致します。

issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問