JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

コーギー 7才 黄疸ができ、病院に行きましたら、慢性肝炎と言われ肝臓が四分の一の大きさだと言われました!いまは毎

解決済みの質問:

コーギー 7才
黄疸ができ、病院に行きましたら、慢性肝炎と言われ肝臓が四分の一の大きさだと言われました!いまは毎日点滴をしてもらっていますが、良くなるどころか悪きなっています!
食欲も今週になりどんどんなくなっています。
肝臓の数値は1000を超えてるとのことです、何が原因がわからないと言われました。
何か対処法はないでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

肝臓の数値とはGPT(ALT)でしょうか?
他の血液検査の数値がわかれば教えてください。
また、現在の治療をわかる範囲でいいので教えてください。
質問者: 返答済み 4 年 前.
血液検査はほかは正常としか教えくれません!
現在の治療は点滴のみです!
肝臓の数値としか言われてないので、はっきりとわかりませんが、多分GPTだと思います!
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
返信ありがとうございます。

GPTの値がかなり高い、黄疸が出ている、肝臓の大きさ がかなり小さくなっているということだけでは何をしたらいいかということは難しいのが実際のところです。

お話からはたしかに慢性活動性肝炎の可能性が高いですが、それは胆道閉塞、細菌性肝炎、自己免疫性肝炎、膵炎からの波及、肝臓腫瘍、中毒などかなり様々あります。
どの原因かによって治療は変わってきますが、実際に原因を突き止めるためには肝臓生検をしないといけないことが多く、その場合、全身麻酔による回復手術が必要になります。
胆道閉塞や肝臓腫瘍、膵炎など以外でエコーや血液検査などで原因がわからない場合、リスクを覚悟して麻酔をかけた検査をしていくか、点滴にステロイドや抗生剤、利胆剤などを使って一般的な治療をしていくのかどちらかになるかと思います。

血液検査の結果を教えてくれないというのは普通に考えてあまりいいことではありません。
基本的に人も含め獣医療では、インフォームドコンセント(説明と同意)が大切になってきます。
現在までの検査結果と現在の治療をしっかり教えてもらい、場合によっては早く大学などの専門機材のある二次病院を紹介してもらったほうがいいのではないかと思います。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問