JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

初めまして。愛犬、キャバリア11歳オスの事でお伺いします。 先週木曜夜からご飯を食べなくなり、元気もなかったので、

解決済みの質問:

初めまして。愛犬、キャバリア11歳オスの事でお伺いします。
先週木曜夜からご飯を食べなくなり、元気もなかったので、病院へ連れて行ったところ、安楽死の話をされました。
今は海外(中東)に3年ほど前から住んでいるのですが、こちらへくる前からヘルニアの診断を受けていました。そして、2年ほど前から後ろ足があまり動かなくなり、サポートグッツを使いながらお散歩をしていたところ、1年程前から前足にも力がなくなってきて、吠え声も力強く出なくなってきました。心臓が悪いということで、今年に入ってから薬を飲み始め、前足も心臓の影響で麻痺をしているのかもとの話で した。今年の4月あたりから、前足に全く力がなくなくなってきたので、お散歩もできなくなりました。でも、食欲だけはあったので、安心していたのですが。
先週末に病院へ連れて行った時は、昼間ということもあり、40度を超える気温の中の移動で(もちろん車の移動でしたが、)、呼吸がはやく苦しそうに見えました。その中での診察で、心音、体温、触診などをしての医師からの話で、全体の機能が落ちてきていまっていること、そして苦しそうなら安楽死の方がいいのでは、という話をされました。
そして、その日は何も処置をしてくれませんでした。
とりあえず、家に連れて帰ってきてから、好きなとり肉をまた食べ始め、ドックフードも混ぜてもたべるようになり、健康なウンチも出ていたのですが、昨日からひどい下痢になりました。オシッコも薄く赤い色が混じっている気がします。
呼吸もゆっくりですが、少し口を開けてしている事が増えました。
お水を飲み、ご飯も食べたがっていますが、昨日の夜から下痢のためあげれていません。
私としては、食欲があるうちは、安楽死を考えることができずにいます。
このような状況の中、飼い主である私たちが今できること、食べさせてあげられるもの、また、本当に安楽死以外の選択はないのか、治る見込みはないのかをお伺いしたくメールしています。わかりにくい文章になってしまったかもしれませんがどうぞよろしくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんにちわ。
ご質問ありがとうございます。

日本人と欧米を含め、外国人との間では、文化や宗教上の違いからかなり安楽死に対する気持ちが違います。
具体的にはどのような検査をされましたか?
質問者: 返答済み 4 年 前.
早速のお返事ありがとうございます。
検査というのは、今までのという意味ですか?
週末に言った時は、何の検査もしませんでした。
それ以前は、心臓の検査をしたきりですが、どのような検査だったのかすぐにわからないのですが、必要でしょうか?
ちなみに、飲んでいる薬は、FrusemideとFortekorでしたが、今は飲ませていません。
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
返信ありがとうございます。

症状からすると何らかの原因で黄疸や溶血しているせいでおしっこが赤いなどといったことがj考えられます。
原因がはっきりしない以上、治る見込み があるのかないのかをお話することはできませんが、急性の病気(例えば急性肝障害や自己免疫性溶血性貧血など)であれば、治る可能性は十分あります。
ヘルニアや心不全などは感知させることは難しいと思いますが、それら自体が今の症状を起こしているというよりはほかの原因があって今の症状を出しているのだと思います。

ですので、まずはしっかりとした検査をしてもらうことが重要です。
正直なところ、中東の重医療のレベルやドメスティックアニマルに対する考え方はわかりませんが、飼い主さんがやれることをやってあげたいのであれば、しっかり検査してもらって治療できるのであれば治療してもらうことが一番かと思います。
検査としては血液検査は必須で、必要に応じてレントゲンや超音波の検査になるでしょう。
ほかの病院でセカンドオピニオンを受けられたほうがいいでしょう。

日本と違い、アメリカなどではペットに対する安楽死は、かなり一般的なようです。
皮膚病や無駄吠えが治らないというだけでも安楽死をすることもあるということです。
ですので、飼い主さんの希望をしっかりと伝え、しっかりと検査をしてもらい、治癒の可能性のあるものであれば治療してもらうといいかと思います。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.
ありがとうございました。
黄疸はでているのかわかりませんが、みたところ皮膚の色は黄色くないように思います。目の白いところは充血している状態です。
やはり、もう一度病院へ連れて行った方がいいのかもしれませんね。
言葉の壁、考え方の壁もありますが、がんばってみます。
今日は休日のためいけないのですが、下痢の状態が続いていたら、何も食べさせない方がいいですか?それとも、スポーツ飲料など何か少し与えてあげられるものはありますか?食欲はあるので、できれば、何か口にいれてあげたいです。
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
皮膚の色が黄色くなるのは黄疸が数日続いてからです。
白目の色が少し黄色ぽければ現在黄疸が起きている証拠です。

それから下痢しているときは少し普段のご飯をふやかして少量を頻回で上げるのがいいでしょう。
消化が良くても普段と違うご飯を上げると余計に消化が悪くなることもあるので普段のご飯をふやかすのが一番かと思います。

犬 についての関連する質問