JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

犬が骨折しました。 手術しないで、治りますか

解決済みの質問:

犬が骨折しました。

手術しないで、治りますか
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

骨折は、どこの部位をどのように骨折しているかによって手術が必要かということが変わってきます。
一般的なことを言わせてもらうと、単純骨折で、骨のずれがない場合はギブス固定で治ることもありますが、骨がずれてしまっている場合は、手術でそのずれを治してあげないといけません。

まだ若いので、麻酔のリスクは高くはないと思いますし、今後のことを考えても、必要であればやはり手術はしてもらうべきかと思います。
質問者: 返答済み 4 年 前.


骨折の部位は、左前脚です。


 


逆に曲がっている状態です。


 


麻酔のリスクは、危険度は、どの程度でしょうか。


 


万が一亡くなる可能性は何%でしょうか。


 


単純骨折ではないような状態です。


 


 


 

専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
それであれば、ギブス固定をしていても治る可能性はまずないのではないかと思います。
そのままにしておくと偽関節を作った状態になると思いますが、足がつけるようになるかどうかはわかりません。

麻酔のリスクや危険度はどの程度かというのはワンちゃんの一般状態を見ていないとわかりませんが、もし、術前検査で血液検査や心臓の検査に何も問題がないのであれば、一般的には麻酔でなくなってしまうのは、1%もありません。
ただし、全身麻酔ですので、絶対ということはありません。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問