JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
loverai0210に今すぐ質問する
loverai0210
loverai0210, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1846
経験:  動物病院に勤務しています。主に犬猫の診察をしております。
60637329
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
loverai0210がオンラインで質問受付中

カニンヘンダックスフント メス9歳。 出産経験なし、避妊手術なし。 食欲がなく、おりものがあり、「子宮蓄膿症」と診断され、 点滴、抗生剤投与、で経過観察中。 手術が必要な場

解決済みの質問:

カニンヘンダックスフント メス9歳。
出産経験なし、避妊手術なし。
食欲がなく、おりものがあり、「子宮蓄膿症」と診断され、
点滴、抗生剤投与、で経過観察中。
手術が必要な場合もあるかも・・・といわれています。
昨日からの点滴で、朝もまだ元気なく、現在も点滴で様子見です。
血液検査で、主な値が多いのは脱水からくるものであろうとのことでしたが、炎症の数値が高かったことから、手術も考えておいてくださいと言われまた。(c-crp 7.0でした)
手術をしたほうが賢明でしょうか・・・
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  loverai0210 返答済み 4 年 前.
こんにちは。
血液検査で腎臓の値がまだそう高くなければ、早めに手術したほうがよいと思います。
もし、点滴などで一旦は落ち着いたとしても、またなる可能性もあります。
手術をしたのち、点滴をしっかりしてもらってほうが、回復は早いかと思います。
手術の時期については、血液検査の値にもよりますので、かかりつけの先生とご相談されて決められた方がよいでしょう。
loverai0210をはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問