JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

はじめは、生理だとおもってましたが、かれこれ1ヶ月いじょうたちます。 としは、十三年で、一度出産経験あります。

解決済みの質問:

はじめは、生理だとおもってましたが、かれこれ1ヶ月いじょうたちます。
としは、十三年で、一度出産経験あります。
ヨウクシャテリア   メスです。
尿に黒めの血尿が毎回見受けられます

血液だけの時もあります。
病気の可能性があると思います
食事は、よくたべます。 お願いいたします
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

その症状の場合、泌尿器系(おもに膀胱)からでているのか生殖器系(子宮や膣)から出血しているのかは判断が難しいでしょう。

膀胱からの出血の場 合は尿のときのみに出血が見られ、尿の最後の方に出血が混じるケースが多いです。
原因としては膀胱炎や膀胱結石、膀胱腫瘍などによって膀胱粘膜が傷ついているために出血するということがほとんどです。

子宮からの出血の場合、子宮蓄膿症が多いです。
勘違いされている方も多いですが、出産歴と子宮蓄膿症には関連はないです。
出産歴があっても子宮の病気のリスクが少なくなるということはありません。
子宮蓄膿症の場合は多飲多尿という症状が一緒に出てくることが多いです。
子宮や膣からの出血では尿に関係ない時も出血する、尿に混じって出てくるときは尿の最初に血が混じるということが多いです。
子宮蓄膿症以外には子宮の腫瘍や膣ポリープなどが原因であることが多いです。

子宮蓄膿症は命にかかわる病気でいつ急変してもおかしくない病気になります。
また膀胱炎などでは治療までの時間が長ければ長いほど治りも悪くなります。
明日には病院へ行って、最低限、尿検査と超音波検査をしてもらうことをお勧めします。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問