JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

こんばんは。先程はありがとうございました。夜の検査の結果がでました。総ビリルビンの数値ですが朝と同じ2.2でした。血

解決済みの質問:

こんばんは。先程はありがとうございました。夜の検査の結果がでました。総ビリルビンの数値ですが朝と同じ2.2でした。血糖値は164で朝の178から下がりました。朝から比べるととても元気になり、立 って歩き回ったり、甘え鳴きをしたり、シートを変えに来た看護師さんに怒ったり、表情もしっかりして来ました。ただ総ピリルビン値が気がかりです。このまま下がらなかったらどうなるのでしょうか?何か下げる方法はあるのでしょうか?痛がる素振りは見せないので点滴の投薬がきいてきているみたいですが、少しずつでも下がっていくのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

こんばんは。

ご指名ありがとうございます。

総ビリルビンが下がらないということですね。数値は2.1か2.2でしょうか。

ビリルビンは肝臓でグルクロン酸抱合されて胆汁排泄され十二指腸に胆管から分泌されます。ビリルビンの数値が高いということは、ビリルビンの産生量が多い(溶血など)か肝臓障害が原因か肝臓で作られたものが胆管や胆嚢で鬱滞しているか、の3つの可能性があります。

恐らく溶血はないでしょうから、肝酵素(ALTやALKP)の数値が高い場合には肝障害、ALKPやGGTが高い場合には胆管の炎症による胆汁鬱滞の可能性の2つが実際には高いと思います。

肝臓は再生機能が強いのでしっかり治療することで2週間位で回復していくと思います。

胆汁鬱滞の場合、やはり利胆剤(胆汁の排泄を促すお薬)を使用することで改善される可能性があるかと思います。

膵臓はご存じのように十二指腸に張り付くように存在する臓器ですから、今回膵臓が石灰化していたということは、その十二指腸に開口部を持つ胆管にも多少なりとも炎症が及んで胆汁の流れが悪くなっており、その結果ビリルビンの上昇がみられるのではないかと思います。ただし、2.2という数値は胆管閉塞などを示唆してはいないと思います。閉塞すると数値が著しく上昇しますので。従って、胆管周囲の鬱滞の可能性が高いと思います。

今後強肝剤を使用して肝臓を保護したり、利胆剤(ウルソやスパカールなど)を使用することで徐々にビリルビンは下がるのではないかと思います。

ビリルビンの2.2という数値はいわゆる黄疸を意味していますが、黄疸になると食欲低下や吐き気、元気消失などの症状がでます。

このまま下がらないということは無いと思いますが、ある程度下がってくるには予想ですが1週間位の単位で時間がかかるのではないかと思います。

2.2ですと皮膚も黄色くならないですし、見た目での黄疸は出ていないレベルですから現在のところ、ただちに見た目でわかる重篤な症状は出ないと思います。

週単位ですが炎症が治まるにつれて少しずつ下がってくるのではないかと思われます。

issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問