JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

柴犬の幼犬(2ヶ月半)がゲリで悩んでいます。 生後2ヶ月少し前に我が家に来た時から下痢がひどく、 ブリーダーに貰

解決済みの質問:

柴犬の幼犬(2ヶ月半)がゲリで悩んでいます。
生後2ヶ月少し前に我が家に来た時から下痢がひどく、
ブリーダーに貰った薬で良くなったかと思うと、また下痢になり、
先週から、ブリーダーに貰った漢方の薬を餌に混ぜて与えていますが、
昨日からまた下痢がひどくなりました。
検便で、虫などはいないといわれました。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

こんにちは。

2か月半の柴犬のひままちゃんが下痢がなかなか治らないということですね。

検便されたということは病院は受診されたということでしょうか。

下痢の原因は感染症(ウイルス、細菌、原虫、寄生虫)、内分泌疾患、アレルギー、炎症性腸疾患(自己免疫疾患)などの原因がありますが、まだ2か月半と幼犬なので何らかのやはり感染症の可能性が高いと思います。

必ずしもいつも便に下痢の原因となる寄生虫の卵や原虫(単細胞生物)が見つかる訳ではございませんので、特に幼い犬の場合には繰り返し便検査することをお勧め致します。

便の状態にも依りますが、ウイルスの場合にはパルボウイルスの検査、細菌性の場合には便を顕微鏡で調べる検査、原虫の場合には浮遊法(コクシジウム)やジアルジアの抗原検査、寄生虫の場合にも浮遊法(虫卵を集めて調べる検査)、をされることをお勧め致します。すべての検査を繰り返す必要はないですが、直接顕微鏡で調べる検査や浮遊法は最低でも3回1週間ごとに異なる便でされることをお勧め致します。

また便の中にいる感染症の原因生物の遺伝子検査も、外部の検査機関に便を提出することでできます。

これらの便検査を地道にすることでほとんどの場合下痢の原因が見つかります。感染の原因が分かればそれに特異的な治療ができますので、治療方針が立ちやすいです。

また食事はヒルズのi/dが仔犬でも食べさせることができる消化器疾患用に病院で購入できます。

ブリーダーさんからもらったお薬は感染以外の原因、例えば新しい環境によるストレスなどでややお腹の調子をこわした場合には効くと思いますが、今回はそうではなさそうなので

病院になるべく新鮮な下痢便を持参していただき、必要な検査をされることをお勧め致します。

質問者: 返答済み 4 年 前.
ご回答ありがとうございます。
検便は、ワクチン接種時にブリーダーに来たお医者さんにしてもらいました。
ブリーダーでは 、冷えか環境変化による下痢と言われたので、病院に行かず様子を見ていましたが、
やはり病院へ行ってみようと思います。
2回ほど便に血が混じっていたことがありました。
(明るい赤色です。)お尻が傷ついて出たと思ったのですが、
他の原因も考えられるのでしょうか?
専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

ご返事ありがとうございます。

検便につきましてはブリーダーさんのところに来た先生もすべての検査をできるわけではございませんから、やはり病院にてもう一度検査されるのがよろしいかと思います。

便に血が混じっていたことがあるということは、何らかの原因により大腸炎も起こしている可能性が考えられます。

大腸は肛門に近い腸で便を貯めておく役割をします。その腸の粘膜に炎症がおきると粘膜が剥がれますのでそのために出血します。それが血便の原因かと思います。また幼い犬の血便の場合にはやはり感染症の可能性を第一に疑うべきかと思います。

繰り返し下痢をして肛門周囲が炎症をおこして傷ができ出血している可能性は無いわけではございませんが、症状からして大腸炎による出血の可能性が高いと思います。

ブリーダーさんのおっしゃることも一理ありますが、仔犬は体力がもともとないですので、これだけ下痢が治らない場合には容態が悪化するまえに病院での検査、治療をなるべく早めにされることをお勧め致します。

issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問