JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5375
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

ミニチュアダックスの5歳のメスです。三年前にヘルニアの手術をしました。 昨日から、時々後ろ足で床を掻く様に動かしま

解決済みの質問:

ミニチュアダックスの5歳のメスです。三年前にヘルニアの手術をしました。
昨日から、時々後ろ足で床を掻く様に動かします。
散歩には行き、普通に歩いているのですが、また掻くようなしぐさをして座り込んでしまいました。
その後は、また歩き出すのですが・・・
ヘルニアとは、関係があるのでしょうか?
この前の健康診断では、ひざの関節が弱いと言われました。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 4 年 前.
初めまして、質問有難うございます。

診察をしていませんので的確なアドバイスが出来ない場合もある事をご了承ください。

追加の質問や情報があれば随時書き込みをしてください。

椎間板ヘルニアだと腰を触ると痛がる、背中の筋肉が緊張してこわばるなどが
出てくる事 がほとんどです。

ただ稀にあるのは後ろ足にしびれがあり、そのしびれの感覚の違和感
で後ろ足を掻いていることが考えられます。

椎間板ヘルニアなども疑われますが、それ以外に原因不明の脊髄炎だったり
脊髄梗塞などの神経の病気である可能性も考えられます。

一度病院で診察をうけましょう。
質問者: 返答済み 4 年 前.

追加で質問させていただきます。


腰は触っても嫌がりませんが、後ろ足は嫌がります。


以前のヘルニアのときの症状とは、少し違うのですが動くのを嫌がるようなしぐさです。


 

専門家:  wantaro 返答済み 4 年 前.
他にはリュウマチ性の関節炎が疑われます。

血液検査で炎症マーカーのCRPやリュウマチ因子、抗核抗体検査

関節の穿刺検査などが必要でしょう。

ダックスはリュウマチなどの免疫介在性の関節炎も多くみられます
wantaroをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問