JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

犬の痙攣です。初回は12月。全身性痙攣でした。群発発作となり脳腫瘍疑いで、抗痙攣薬、ステロイド飲んでいます。右不全麻

解決済みの質問:

犬の痙攣です。初回は12月。全身性痙攣でした。群発発作となり脳腫瘍疑いで、抗痙攣薬、ステロイド飲んでいます。右不全麻痺と右目が見えていません。
一昨日より過敏、レベル低下あり一昨日脳圧降下剤点滴してもらい、症状改善あり。昨日からイソバイド内服していますが、20時に二分、2 3時に30秒の全身性痙攣がおきました。それぞれダイアップ座薬一個使用しています。
今は痙攣なく呼名反応ありますが、うつろで呼吸、脈ともに速拍しています。肺水腫をおこしていた場合の症状はどういったものがありますか?異常な呼吸音は聞こえていません。
夜間救急に連れて行った方がいいでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

肺水腫を起こしている場合は激しい咳、浅くて早い呼吸、首を伸ばして呼吸をする、横になれず常に犬座姿勢(いわゆるおすわり)ということになります。
今はいかがですか?
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問