JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5396
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

1 犬種: 雑種犬 ♀ 16歳(平成9年1月1日生れ) 2 症状: 4月26日 突然に下痢、嘔吐 以後、食餌を

解決済みの質問:

1 犬種: 雑種犬 ♀ 16歳(平成9年1月1日生れ)

2 症状:  4月26日 突然に下痢、嘔吐 以後、食餌を受け付けない。空腹に耐えかねてなにかを食      べると嘔吐、下痢をするため、好きだった花鰹にも顔を背ける。

3 経過: 昨年10月25日 子宮卵巣全摘および前腕部に発生の皮下腫瘍切除手術。皮下腫瘍は血      管外膜細胞腫と病理検査の結果報告あり。
       10月27日 ショック症状 意識無く、頻脈・血圧低下  11月8日 退院
      以後、自宅にて療養。4月中旬まで回復を見せ、歩行自然状態となる。軽くランニングも可能      に。4月20日ごろから歩行リズムが緩慢になる。自宅2階への階段上り下りはする。

4 現状: 歩行困難が激化。階段の段差に進めなくなる。食事は、30日夜、魚刺身2切れ、米飯10g
      5月1日早朝嘔吐を認めたが、吐瀉物は米飯、および4/30朝に食した缶詰のビーフの一部
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 4 年 前.
初めまして、質問有難うございます。

診察をしていませんので的確なアドバイスが出来ない場合があることをご理解ください

追加の質問や情報があれば書き込みをお願いします

最近痩せてきた、尿量が多い、水をたくさん飲む
などはありましたか?

-もう少し詳しく状況を説明していただけませんか。

質問者: 返答済み 4 年 前.

4/26以降痩せ始めました。

尿は、術後頻尿でしたが、次第に尿の間隔が長くなり、昼間は4時間間隔。夜間は8-10時間OKでした。尿の量は現在も多くありません。

飲む水は、26日以降少量になりました。
 昼間も寝る時間が多いことは術後一貫していますが、28日頃からはぐったりとした状態です。

 

追加:

腫瘍の再発は確立が高いと聞いていました。11月12日頃から、再発予防を期してハナビラタケを飲ませていました。4/26中止しました。

卵巣摘出の動機は、乳腺がかなり腫れており、悪化が眼に見えていたからです。4月、乳腺の腫瘍はほとんど消失していました。

専門家:  wantaro 返答済み 4 年 前.
年齢を考えると

①腎不全で尿毒症になっている。
 尿毒症は消化器の粘膜が荒れるので食欲不振や下痢をする
 原因としては加齢や術後に慢性腎不全が悪化した。 
 細菌性膀胱炎から腎盂腎炎になり腎不全を起こした
 などが考えられます

②腫瘍が肝臓に転移した
 肝臓に腫瘍が転移して肝障害があるために嘔吐下痢したなどが

考えられます。

早めにかかりつけ病院で診察と血液検査を受けてください。
wantaroをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

簡潔丁寧な説明に感謝します。


腎不全の治療は快癒が期待できないので、これ以上の悪化の進行を遅らせるものと理解しています。また、ストレスが最大の障害であると聞き及んでいます。


 


神経質なところがあるこの犬にとって、入院、手術が最大のストレスでした。性格が変わり、人間不信になったようです。このような条件下では、診察もままならない状態です。


 


家族の中で安心した最後の生活を遅らせてやりたいのが、きぼうです。何に留意して対処すべきかをお伺いします。

専門家:  wantaro 返答済み 4 年 前.
下痢嘔吐が一番問題なので
まずは往診してくれる先生を探して来てもらい

①脱水の改善で点滴をしてもらう

②嘔吐止めの薬を注射してもらう。

③胃酸を抑えるガスターなどを注射あるいは飲ませる

が今後の生活の質を良くしてあげるのに必要でしょう。

また原因についてはできれば往診の先生に採血をしてもらって検査してもらう
事が今後の対応策を的確に行うために必要です。

要点としては
脱水させないこと
嘔吐下痢をなるべく改善させる
できれば食餌が取れることが必要です

往診専門や往診もしてくれる病院を探して対応をご相談いただくのが良いと
思います。
専門家:  wantaro 返答済み 4 年 前.
考え方としては色々とあると思いますが

医療を行っている側として思う事は
せめて点滴だけでも行うと同じ余命でもかなり生きている時間は楽 になります。

吐いて下痢して食べられないことが一番辛いことですから
家で見守るにしてもそういった生命を維持する、あるいは体の状態を維持するために
最低限の治療は自宅でも出来るので行ってあげるべきだとは思います

あとは酸素発生装置というものがレンタル出来るので酸素室を作ってあげる

寝たままでしょうから、床ずれが起きないように床ずれマットを購入する
下痢が体につかないようにおむつをする
低血糖になる可能性があるので一日に数回、コーヒー用のガムシロップを少量
与える。

などが医療を行う側として考えられる対処ですが

他にはどういった事についてアドバイスをすれば良いですか?
wantaroをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問