JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

8歳のミニチュア・シュナウザーです。糖尿病と診断されインシュリン治療を始めて1週間足らずになります。朝のBSが500

解決済みの質問:

8歳のミニチュア・シュナウザーです。糖尿病と診断されインシュリン治療を始めて1週間足らずになります。朝のBSが500超、1~1.5単位を動物病院で1回/日入れてもらっていますが、未だに適量が見えてきません。
日々体重が減少し続けており、このままだとどうなってしまうのかとても心配です。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

こんばんは。

8歳のシュナウザーのビークちゃんが糖尿病ということで、24日からインスリンの治療をされているということですね。

インスリンの種類はランタスでしょうか、レベミルでしょうか。

いずれにしても外部からのインスリン投与に対する安定した反応をするのに時間のかかる場合もありますし、低血糖になると神経症状がでたり、最悪お亡くなりになる場合があるので今調節中ということだと思います。

できれば飼い主様が犬にインスリンを注射できれば1日2回打てるのでより血糖値が安定すると思います。将来的なことを考えるとなるべく病院でも飼い主様がビークちゃんにインスリンを打つ練習をされてみてはいかがでしょうか。

インスリン療法を開始したのがまだ24日からなのでインスリン1日2回で何単位というのが決まれば体重のコントロールもできると思います。あとは食事療法も大切ですので療法食を食べさせることをお勧め致します。

また体調(口腔内疾患や膀胱炎などの併発疾患など)によってインスリンの効き方が変わってきますので日ごろの体調管理もしっかりされることをお勧め致します。

質問者: 返答済み 4 年 前.


レべミルです。痩せすぎでほとんど脂肪が無いためインシュリンの有効性が阻害されているとの診断もありました。そういう事もあるのですか?


食事はヒルズのw/dを定量、定時で給餌しているのですが、どこかで間食してしまってるのかわかりません。

専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

ご返事ありがとうございます。

インスリンはレベミルということですね。レベミルは他のインスリン製剤よりも血糖降下作用が強いとされています。そこで併発疾患(副腎皮質機能亢進症など)があったりしてインスリンの効き方が鈍い場合に使用すると効果が得られやすいです。

しかしビークちゃんは今現在そのような病気は併発していないのであれば、中間型(作用の持続時間が中くらい)インスリンの1日2回打ちが適しているかと思います。

レベミルにしても本来1日2回でコントロールします。しかしビークちゃんの場合レベミルの2回打ちは効きすぎる可能性もあるかと思います。

どのインスリン製剤を使用するかは病院の先生により違いがあるかと思いますが、できれば中間型インスリンのノボリンNを使用されてそれを1日2回注射することから始めるのがよろしいかと思います。

食事については痩せすぎの場合には総合栄養食でビークちゃんが好きな食事をカロリー計算して与えることをお勧めします。もちろんw/dでもよろしいかと思います。ただしw/dは高繊維食の部類に入るので現在やせている犬の場合には体重の戻りが悪いと思います。

出来れば体重が戻るまでビークちゃんの嗜好性の高い総合栄養食を与えることで体重の増加が見込めると思います。

印象として1日のうちで血糖値が100-500と動きすぎるのは体にとってよろしくないです。その原因はレベミルの1日1回注射にあると思います。

できればノボリンNで1日2回の注射にするか、レベミルの1回量を調節して1日2回にすることをお勧めします。そして食事は高繊維食はやめて脂肪も含む食事に変更されるとなおよろしいかと思います。

脂肪がないからインスリンの効果が阻害されているとは思いません。実際に500の血糖値が100まで下がるわけですので。それより1日1回の注射でコントロールしようとしてできていないということでしょう。本来の1日2回打ちにしていただければよろしいかと思います。

issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問