JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

3月にもこちらでご回答頂きました。よろしくお願いいたします。 3月に咳が気になり、かかりつけへ行きました。レントゲ

解決済みの質問:

3月にもこちらでご回答頂きました。よろしくお願いいたします。
3月に咳が気になり、かかりつけへ行きました。レントゲンで心臓肥大と診断されました。それから薬を毎日服用中です。
その1週間後には右の喉の下にしこりを見つけ、呼吸困難になり1日入院しました。最初、先生は甲状腺ガンを疑いました。それから今日までに細胞検査を2回行い結果、悪性細胞は見つからなかったということです。またその後、抗生剤を2週間服用しましたが、しこりは大きくも小さくならず、無くなりません。現在は抗生剤は止めています。しこりは硬いです。たまにまだ咳もし、以前より寝ていることが多く動きも鈍くなりました。たまにふらつくような…そしてここ最近気になりるのが、たまに粘調性のよだれが右の唇から垂れています。大量ではないのですが、拭くと粘ります。透明です。これはやはり喉のしこりと関係があるのでしょうか?また連休明けに細胞検査を行う予定で、かかりつけ先生を信じていますが、違うお話もお伺い出来たら…と思っています。よろしくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

以前お答えさせていただいたものですが、以前のお話しだと喉のしこりで呼吸困難を起こしていたということだったようです。
喉のしこりが縮まなくても呼吸困難がなくなってきたということでいいでしょうか?
またしこりはリンパ節の可能性はないと言われましたか?
細胞検査をしていれば甲状腺か唾液腺かの区別はつくと思いますが、そのあたりはどうでしたか?

質問が多くなり申し訳ありませんが、もう少し情報をお願いします。
質問者: 返答済み 4 年 前.

今回もご回答ありがとうございます。
今もたまに軽く呼吸が苦しそう?な時はありますが、以前のような呼吸困難はありません。前回アドバイス頂いた酸素レンタルしていますが幸い使うことなく万が一に借りています。


リンパ節の可能性については伺っていません。


細胞検査ではしこりから注射針で液体を採りました。その液体が透明で粘調性のものだと先生はおっしゃっていましたが。先生は今は唾液腺の何か?と疑っているようです。


よろしくお願いたします。

専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
返信ありがとうございます。

甲状腺もリンパ節も針を刺して粘調性のものが取れることはないので、そうなると唾液腺腫が一番疑われます。
唾液腺腫は特に悪性のものではないので、麻酔さえかけられるのであれば手術で取ってしまえば問題ないことがほとんどです。
時々唾液腺癌という悪性のものが出てくることもあります。
唾液腺腫や唾液腺炎ではよだれが出ることもあります。


japavetをはじめその他2 名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問