JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
loverai0210に今すぐ質問する
loverai0210
loverai0210, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1846
経験:  動物病院に勤務しています。主に犬猫の診察をしております。
60637329
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
loverai0210がオンラインで質問受付中

雑種の10歳です。 一昨年の11月から痙攣発作を起こすようになってしまいました。 最初の頃は2ヶ月に1回ぐらいの頻度でしたが、最近では10日に1回ぐらいに増えてきています。

解決済みの質問:

雑種の10歳です。
一昨年の11月から痙攣発作を起こすようになってしまいました。
最初の頃は2ヶ月に1回ぐらいの頻度でしたが、最近では10日に1回ぐらいに増えてきています。
獣医さんにはかかっていませんが、症状をインターネットで調べてみると一般的な痙攣発作だと思います。
症状が出るのが大体 深夜が多かったのですが、最近では日中深夜関係なく起ってしまいます。
また、一日に2度以上のときもあります。
だんだんひどくなっているように感じます。
お金が無いために獣医さんに診てもらうことも出来ません。
対応のしようが無くて困っています。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  loverai0210 返答済み 4 年 前.
おはようございます。
一言で痙攣発作といっても様々な原因が考えられますが、年齢と症状か ら推測して、脳腫瘍などの脳障害や腎不全による高窒素血症の可能性、特発性が一番高いように思います。
その中でも腎不全は、多飲多尿などの症状がなければ除外されます。
脳腫瘍が原因であれば、痙攣がないときでも目が揺れたり、歩行がおかしかったりなど他の症状がでることもあります。
特発性の場合は、原因がわからず突然起きることがあります。
特発性や脳腫瘍などの脳障害の場合は、抗痙攣薬を飲ませることで、症状をおさえることができますが、痙攣の起きていない日でも、毎日飲ませて血中濃度を上げていく必要があります。
費用が出せないとのことですので、原因を調べたりするのは難しいかもしれませんが、お近くの病院にいかれて事情を説明されれば、お薬だけもらうこともできるかもしれません。
できれば、お薬だけでも飲んでいたほうが回数へ減ってくると思います。
また、痙攣の起きたときには部屋を暗くして揺らしたりなど刺激は与えないようにした方がよいですので、気を付けてくださいね。
loverai0210をはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問