JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

6歳チワワ、オスです。 3月初め、リンパ腫と診断され、抗がん剤治療を始めました。 第1回目がビンクリスチン0

解決済みの質問:

6歳チワワ、オスです。
3月初め、リンパ腫と診断され、抗がん剤治療を始めました。

第1回目がビンクリスチン0.66mg/㎡投与
翌日、42度の高熱がでて、白血球の数値がほとんど0に等しいくらいになりました。
それから1週間、入院しました。

第2回目がサイクロフォスミド250mg/㎡
これに関しては、全く副作用がでませんでした。

そして、一昨日、第3回目、再度ビンクリスチ ン0.7mg/㎡を投与
昨日は、だるそうではありましたが、熱もなく、食欲もありました。
所が、今朝から、40.5度の高熱でぐったり。
早速、病院に行き、スルバクタム、アンピシリンを投与してもらいました。

他の病院では、ビンクリスチンは副作用の少ない抗がん剤だと、どの先生も
言われるのですが、うちのチワワには合わないのでしょうか?
お薬を変えて頂いたほうが、良いのでしょうか?

また、サプリメントなどを飲ませて、副作用を起きにくくしたほうが良いのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

確かにビンクリスチンはそれほど副作用の強いお薬ではなく、ほかの抗がん剤に比べ て、副作用は多くはありません。
それでも抗がん剤ですので、やはり副作用のリスクはあります。
個体差によってどのお薬に対して弱いかというものも違ってきますので、チイちゃんの場合はビンクリスチンに対してかなり敏感ということになるでしょう。

通常、ビンクリスチンは基本的な抗がん剤の多剤併用療法で使うお薬になりますので、それで副作用が出る場合は、お薬を変えるというよりは容量を減らして使うことが多いです。
個人的には、ビンクリスチンをその容量で白血球がそれほど下がってしまう場合は、その半量あるいは3/4量にして使うことは多いです。
サプリメントで副作用を起こしにくくするというのはなかなか難しいと思います。
白血球が下がってしまったらノイトロジンなどの白血球産生を刺激するお薬を使うというのも方法の一つですが、白血球が上がってくるまでに感染症などを起こすリスクもあります。
ですので、やはり白血球が著しく下がらない程度に用量を減らしていくということが一番ではないかと思います。
質問者: 返答済み 4 年 前.

抗がん剤の量を減らすという提案もしてみましたが、担当医が


それでは、癌細胞を叩けませんよ。と言われてしまいました。


 


量を減らすと抗がん剤治療の効果がなくなるのでしょうか?

専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
抗癌剤治療の効果はなくなりはしません。
効果が弱まる可能性はありますが、副作用で体調を崩してしまっては良くないですし、それにより主要免疫が弱ってしまうということも考えられます。

腫瘍の専門家の先生でもかなり強い治療をすすめる先生と、マイルドな治療でうまく付き合っていくことをすすめる先生がおられます。
どちらがいいということはコンセンサスとしては出ていませんが、かなり強く副作用が出てしまう場合には抗がん剤の容量を減らすことは多いです。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問