JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

トイプードルを50頭ブリーデングしています。犬の掛け合わせにより白いミスカラーが出ます。レッド、レッド、シルバーシル

解決済みの質問:

トイプードルを50頭ブリーデングしています。犬の掛け合わせにより白いミスカラーが出ます。レッド、レッド、シルバーシルバーでもミスカラーが出ます。ミスカラーが出ると商品的価値が落ちる場合がおおいです。
どうしてミスカラーが出るのでしょうか、今回は出たけれど次回は大丈夫ということはあるのでしょうか。
宜しくお願い致します。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

犬の毛色には遺伝子が関わってきていますが、同じ親同士からの精子、卵子でもそれぞれ少し遺伝子は変わってきます。
精子、卵子 は減数分裂といって、一旦それぞれ半分になって、それがくっついて通常の数の塩基対が生まれます。
少しわかりにくくなりましたが、同じお父さんとお母さんから生まれてくる子供でも血液型が異なることがあるのと一緒です。
そのため、劣勢遺伝で隠れていた毛色が子供に出てくるということはあります。
また、毛色を薄くする遺伝子というものもあり、親同士が二匹とも持っているとその遺伝子が発現して親と違った色になることはあります。

ですので、今回はミスカラーになったが、次回は大丈夫ということは起こります。
ただし、通常、毛色が違う子が生まれてくる素因というものは、ミスカラーの子を生んだ両親はともにもっていますので、その組み合わせではミスカラーが再度ミスカラーが出る可能性があり、そのリスクを減らすのであれば、父親か母親のワンちゃんを変えた方が無難でしょう。
質問者: 返答済み 4 年 前.

ミスカラーのある子は繁殖に使わない方がよいというのはいかがでしょうか、


販売しないと当方に残ることになります。


 


この雌と掛け合わせてミスカラーが出て違う雌と交配するとミスカラーが出ないということはあるのでしょうか、われわれブリーダーはレッドはレットとの交配、


カラーリングは守っているのですが、雄の使用頻度が高くなると出やすいと言うことはありますか、今回9頭分娩中,2頭の腹5頭に首から胸にミスカラーが大きく出ています。以前は出たことが無かったので非常に不思議です。

専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
今のところミスカラーにともなう遺伝子疾患は報告されていません。
ですので、色にさえこだわらなければ販売しても問題ないと思います。
プードルちゃんのミスカラーにかんしては病気は関係ないものと言わ れていますので。

先ほども書きましたが(わかりづらければすいません)、ミスカラーは通常両親ともに素因がありますので、他のペア(雄をかえる、あるいは雌をかえる)にすることで、でなくなることが多いです(新しい子が素因を持っていれば出てしまう可能性はあります)。
まだ完全に解明されているわけではないですが、どちらかが素因を持っていなければ、でないのではないかと思います。

それからミスカラーは遺伝子にエラーがあるのが原因ではなく、もともとそういった遺伝子を持っている子同士を、かけあわせたために怒るものと考えられています。
ですので、使用頻度はあまり関係ないと思います。
ただし、使用頻度が、あがれば奇形精子は増えますので、その他の病気が増える可能性はあるのであまり使用頻度を増やすことは進められません。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

1頭雄の使用頻度を増やすとどのような病気、その他危険性がありますか、


同じ雄を発情期に3回以上交配に使うことがあります。


雄にもよりますが交配時間と受胎率は関係ありますか、


 


先にも尋ねましたが交配時間が20分程度だと安心しますが平均10分程度です。交配時間が短いと受胎頭数などに影響しますか。

専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
とのような病気が、ふえるかというデータはでていませんが、奇形精子が増えれば受胎率は落ちますし、先天性の奇形のリスクは増えます。
これはどのくらいの間隔をあけたらというわけではなく、使う頻度が増えれば増えるほど、また高齢になればなるほどリスクは増えますし、受胎率は落ちます。

それから交配の時間との関係は特別ないと思います。
ワンちゃんは自然排卵動物ですし、交配時間が短くても精子さえしっかり出ていれば受胎率は落ちないものと思われます。

犬 についての関連する質問