JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

よろしくお願いいたします。 2.3日前に右の喉辺りが腫れ呼吸が困難です。昨日は喉全体が腫れ、さらに苦しそうです。ガ

解決済みの質問:

よろしくお願いいたします。
2.3日前に右の喉辺りが腫れ呼吸が困難です。昨日は喉 全体が腫れ、さらに苦しそうです。ガーガーという音で苦しそうな呼吸、横になるのもしんどそうです。寝たいのに呼吸が苦しくて寝ていられない状態でした。かかりつけの先生は「甲状腺がん、唾液腺が原因?」という事でレントゲン、エコーをしてくださいました。検査に出すため喉から血液も採取しました。まだ結果は出ていません。薬もないし、高齢、現在経度の心臓病で薬を服用中ですので、外科手術が難しいし、取りきれないだろう。とのことです。出来ることは酸素室への入院との事で今朝から入院させました。高濃度の酸素で今よりは少しは楽になっているそうです。呼吸だけでも楽にしてあげれたら…薬はないのでしょうか?他の治療方法はもうないのでしょうか?大切な家族です、できるだけ楽にしてまだそばにいて欲しいと願っています。
よろしくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

レントゲンは心臓の方も見ましたか?
呼吸困難の原因は喉の腫れがすべての原因なのか、心不全から肺水腫を起こしてなのかお分かりになりますか?
質問者: 返答済み 4 年 前.

ご回答ありがとうございます。


喉の腫れの前に今月16日にレントゲンで心臓が少し肥大しているとのことで薬を服用することになりました。服用始めて1週間です。そして翌週末、現在に至っております。


よろしくお願いいたします。

専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
返信ありがとうございます。

呼吸困難に対する対応は、心不全からの肺水腫なのか、喉の腫れによる気管の圧迫なのかということによって変わってきます。
レントゲンでどちらなのか分かることが多いですが、呼吸困難はなぜ起きているかというのは言われていませんか?
質問者: 返答済み 4 年 前.

ありがとうございます。



喉の腫れ(先生がおっしゃるには甲状腺か唾液腺の)により器官を圧迫しているとのことでした。


よろしくお願いいたします。

専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
返信ありがとうございます。

喉が腫れて期間を圧迫している状態で、麻酔をかけることができない場合にはやれることが限られてきます。
方法としては、ひとつはステロイドなどの抗炎症剤を使って、少しでも腫れを抑えるということです。
これは腫れの原因に炎症が関わってきている場合には有効です(たとえ腫瘍だとしても そこに炎症が加わって余計に腫れているということはおおいです)。

もうひとつの方法は今行ってもらっている酸素療法になります。
これは基本的には動物病院で行いますが、それでは家に帰ることができないため、最近では酸素室をレンタルしてくれる業者さんがいます。
たとえばこういったものですhttp://www.terucom.co.jp/

積極的な治療をできない場合は対症療法が中心になってしまいますが、これらの方法を試してみてください。
質問者: 返答済み 4 年 前.


ご提案頂きありがとうございました。


最後に一つ、お願い致します。


 


ステロイドなどの抗炎症剤を使って、少しでも腫れを抑える。


この方法はかかりつけの先生に希望すれば処方していただけるのでしょうか?さらに酸素療法をすれば愛犬の呼吸は楽になり延命になるのですよね?


 


ご提案頂いたステロイド、レンタルを本気で考えます!!


 


最後にどうぞよろしくお願いいたします。

専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
ステロイドにかんしては、先生の判断によるでしょう。
その先生が使ってみる価値があると判断すれば処方してくれるでしょう。
僕も実際に見ていない以上、どの程度効果が認められるのかは判断できませんが、外科以外で即効性がある縮小効果のある治療はステロイドになります。

酸素を吸わせれば呼吸が楽になるのは間違いないでしょうし、延命にはなるでしょう。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問