JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

13歳のシュナウザーです。 1歳の時、避妊手術の麻酔で死にそうになり(獣医師の診断)その際は蘇生させ、改めて調べて

解決済みの質問:

13歳のシュナウザーです。
1歳の時、避妊手術の麻酔で死にそうになり(獣医師の診断)その際は蘇生させ、改めて調べてみたら、心臓周りの血管がうっ血ぎみで緊張してもあんまりドキドキしないのはそのせいだろう と、言われました。
改めて2歳の時に万全の体制で望むからと、手術はうまくいきました。
しかし、10歳ころから僧帽弁膜症の様相があり、心臓の働きを高める薬を飲みましたが、何種類か試しても下痢をしてしまうので、薬を固める物質の何かのアレルギーでげりをするのかもしれないとのことで、くすりはやめました。普段から激しい運動はしません。
ずっと元気に散歩もしていましたが、今週の火曜日の朝からご飯を食べてから、ガにまた風に立っててなかなか寝ようとしないので、病院へ連れて行ったら、肺に水が溜まっているようだから、利尿剤で肺の水をだしてもい、その夜はかなり水が抜けたのですが、水曜の朝(昨日)また少し水が」ふえたとのことです。このままの治療で回復して家に帰ってこられるのか心配です

犬にもよるでしょうが、治る犬もいるのでしょうか、治療しながらでも帰ってくることができる子もいますか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
おはようございます。

ご質問ありがとうございます。

おそらく、年齢的に考えても今回の心疾患に関しては小さいころのそれとはあまり関係なく、通常の弁膜症(加齢とともに起こってくるもの)の可能性が 高いと思います。
先天的なものが悪さをする場合は、無治療であれば、もっと早くから心不全の兆候が出てくることが多いですので。

心臓弁膜症の治療に関しては弁の状態によってその後の経過は変わってきます。
肺水腫を起こすというのは弁膜症がある程度進行した状態ですが、無治療の状態で起こした場合は治療することでよくなってくれることが多いです。
ただし、利尿剤や心臓のお薬は今後継続的に飲み続ける必要はあります。
弁の腱索断裂などによる急激な心不全の場合は治療が困難になることがありますが、あまり多くはありませんので、飲み薬で維持できるくらいに回復して帰ってきてくれる子が大半です。

まずは、急性期では注射薬や点滴薬などによる治療になり、その後退院できるまで回復できれば飲み薬ということになるでしょう。
飲み薬は色々なメーカーさんから薬が出ていますので、合うものを選べばおそらく下痢もなく飲めるのではないかと思います。
質問者: 返答済み 4 年 前.

色々なメーカーの薬があるとのことですが、できればすべて教えてくださいませんか?

専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
エースワーカー、エナリン、フォルテコール、アピナックなどがACE阻害剤と呼ばれるお薬になります。
最近ではそれに加えてピモベンダン(ベトメディン)といわれる薬も併用して使うことが多いです。
質問者: 返答済み 4 年 前.

札幌のm、「石山通り動物病院」というところに通っています。(現在入院中9


ほかにこの手の病状にの権威ある獣医師の病院をごぞんじないですか?


また、人間のように、セカンドオピニオンをしても現在の担当医に失礼にあたってしますでしょうか?

専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こちらのページに乗っている病院は比較的評判がいいです。
http://animalhospital-navi.com/hp-search-hokkaido.htm
まえたに動物病院は心臓疾患でも評判がいいです。

セカンドオピニオンを聞きに行かれるのは全く失礼には当たりません。
ただし、今の状態で無理に退院させて酸素室から出してしまうのは危険が伴いますので、肺水腫の治療はお任せした方がいい可能性があります。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問