JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

マルチーズ、15歳くらいです くらいと言うのは昨年引き取った子なので… とても元気で夏の健康診断では「高齢の

解決済みの質問:

マルチーズ、15歳くらいです
くらいと言うのは昨年引き取った子なので…

とても元気で夏の健康診断では「高齢の割に元気、心雑音もない」と言われ ていましたが
3日前頃から食欲がなくなり、昨晩から呼吸が荒くなり、今朝がたからゼイゼイ感じるようになったため
動物病院を受診
僧房弁閉鎖不全によるうっ血性心不全と肺水腫と言われ、利尿剤、ACE阻害剤を処方されました
「入院を勧めるレベル」「突然死もおかしくない」と言われましたがこの子がお泊りが嫌いなことと私自身が医師でもあるため自宅に連れ帰りました
呼吸は荒く早いものの咳発作はありません
私を探して歩く程度の元気はあります
食事は3日くらい前から通常の半分程度です

伺いたいのはこの年齢の現在の症状でも回復または軽快する見込みはありますでしょうか
少しでも長く元気でいて欲しいと願っています
自宅で安静・投薬以外にしてあげられることはありますか
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

お話しを聞く限り、症状は肺水腫がメインで引き起こしているものと思えます。
肺水腫は心不全から来るものですが、お薬により、完全になくすことが可能です。
ですので、肺水腫がなくなれば3日前までの元気な姿に戻れる可能性が高いと思います。
心不全がかなり進行している場合、回復してくるのが難しいですが、ワンちゃん(特に小型犬)に多い、僧帽弁閉鎖不全症はそれほど急激に進行することは少なく、急に調子を崩す場合は肺水腫が悪さをしているケースが非常に多いです。

肺 水腫の治療は利尿剤が中心になりますが、あまりにひどい肺水腫の場合は1,2日入院して注射でお薬を入れたり、肺の水が抜けるまで酸素室に入っていた方がいいこともあります。
今後落ち着いてきた場合には利尿剤の量を減らしながら心不全の治療薬と併用して維持していくということになるでしょう。

お家ではおっしゃる通りに安静と投薬を必ずしてもらうことが一番大切です。
他は特にはないですが、とにかくストレスをかけないということです。
心臓が悪い子の肺水腫は、シャンプーをしたあととか車で遠出した後に起こることが多いです。
また胸を圧迫するような形での抱っこも危険ですので、必ず両手で支え、片手はお尻の後ろをつつきこむような感じにしてください。
それから、安定してからも最低でも3~6ヶ月おきの検診は必要でしょう。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問