JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

9歳になったチワワが胆のう炎になり、2月3日に切除手術をして、12日に退院をしたのですが、ご飯と薬をあげるとすぐぐったりしてしまい、茶色の尿も出て、血液検査では術後の肝臓値は落ちて

解決済みの質問:

9 歳になったチワワが胆のう炎になり、2月3日に切除手術をして、12日に退院をしたのですが、ご飯と薬をあげるとすぐぐったりしてしまい、茶色の尿も出て、血液検査では術後の肝臓値は落ちて来てるのに黄疸値が下がらないのは介在性溶血性貧血の確立が高いと言われ、
23日に再び入院しました。ステロイドを使った治療をすると肝臓値が上がり、医師も困って
おりましたが、そのステロイドで数日前に副作用を起こし、嘔吐下痢になった為その薬は、もう使えなくなり、以前食欲がなく昨日ササミを食べてくれたので良かったと思いきや、その後
吐いてしまったそうです。今日は名も食べてなく本当に心配です。胆のう切除をすれば元気になると思って手術に踏み切ったのに、怖い貧血症になり今になってしまう原因 は何だったのか?もううちの犬は助からないのか?それでも毎日頑張っているワンちゃんを助けてあげられないのか?先生方のアドバイスをお願いいたします。
大きな病院へ連れて行ったほうが良いかも考えています。
その場合の病院もご紹介頂ければと思います、どうか助けて下さい!
よろしくお願い申し上げます。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  loverai0210 返答済み 4 年 前.
こんばんは。
もう少し詳しく時系列で教えていただけますか?
どういつ症状や血液検査の値があって、手術することになったのか、術後の血液検査の値なども教えていただけますか?
また、お住まいはどの辺りになりますか?
質問者: 返答済み 4 年 前.
お世話になります。遅くなりすみません。
昨年10月ごろに最初に震えてから消化してないご飯を吐いたので、血液検査をしたところ、ALKPが計測不能、AST333.TBIL0.7 の他は正常値で中毒を起こしたか聞かれエコーとレントゲンの結果、胆のう炎と診断され、タチオン、アモキクリア100、ウルソ50、バイトリル15で肝臓値をさげ、手術のリスクを無くす治療を2月の手術まで続けました。胆のう切除と胆管も石が詰ま っていた為1センチぐらいとりました。12日の退院後、アンチローブ25、タチオン、ヘパアクトと缶詰めの肝臓サポートを食べさせました。が薬とご飯を食べるとすぐ寝てしまい、前述の茶色の尿やで一向に上向かない中、2月14.18日にあったRBCが4.27から20日3.12、23日2.09に下がり、土曜日であり外注での検査が出来ない為、ここで、溶血性貧血症になったと判断し入院しステロイドによる治療を開始し、24日〜28日はRBC3-3.59-3.36,HCT23.3-28.3-26.8、肝臓値は高いながらもあまり問題にはしてない様子でした。25.6日から嘔吐下痢が起こり、薬の副作用という事でステロイドをやめて治まりましたが、その後ご飯も食べなくなり食べたものでは無く、黄色い益を吐きようにな
りました、昨日は湯でたササミを食べてくれましたが、その後全部嘔吐したそうです。今日は何も食べてないとの事です。3月3日wbc11.3,Rbc11.3,Hgb6.4,Hct19.5,plt317,
Allp2000以上、Alt10,Ast18,Bun4,Ggt96,
Glu82,Nh3 18,Tbil1.8,Alb1,9,Chol207です。
うちのワンちゃんに何が起きたのでしょうか?
貧血症の他の病気を引き起こしてはいないか?
病院を変えないでいいのだろう か?
もうダメなのだろうか?
何もしてやれずに時間が過ぎて行きます、どうかアドバイス頂けますよう
お願いいたします。

素人考えですが、抗生物質を4ケ月近く飲み、少し貧血気味かなと思う子に毎日の血液検査、血管が細く取れない為、クビからとっています。
病気の要因になりますか?

※本当は一連の血液検査の数字をみていただきたいのですが、添付書類で
送る事は可能ですか?
何卒よろしくお願いいたします。






専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
先の先生がオプトアウトされたのでお答えいたします。

今の状況はやはり免疫介在性溶血性貧血(AIHA)で間違いないと思います。
貧血の急激な進行、黄疸、ステロイドへの反応、ステロイドを切って再度貧血が進んだ等を考えると他の原因で貧血が進んでいることは考えにくいです。

AIHAというのは自己免疫性疾患ですので、何かのきっかけで自分で自分の赤血球を壊してしまうような反応が始まってしまいますが、その原因ははっきりしないことが多いです。
ただし、どのお薬もそういったきっかけになる可能性はあると言われているので、抗生剤や麻酔薬が原因になっているかもしれませんし、何かご飯に含まれている成分が原因になったり、散歩中に吸い込んだ何かということも考えられます。
原因を突き止めるのは困難ですし、薬や食事を投与する前からそのリスクがあるかどうかを把握するのは不可能です。
また、首から採血をするのではAIHAはおきませんし、それくらいで貧血は起こりません。

一つ気になる のは胆嚢炎は膵炎に併発して起こることが多いのですが、手術時に膵臓は大丈夫だったのでしょうか?
急性膵炎はAIHAを引き起こす可能性がありますし、強い吐き気の代表的な原因になります。
手術時に大丈夫だった場合でも胆管と膵臓というのは隣り合っていますので、手術時に膵臓が刺激されると膵炎を引き起こすこともあります。

ですので、今の状態としてはAIHAの治療ももちろんですが、膵炎の有無の検査もしていく必要があるでしょう。
膵炎はエコーとcTLIといわれる血液検査で診断するのが一般的です。
もしこれで膵炎があるとなった場合には膵炎の治療(点滴と抗生剤、低脂肪食が中心になります)もやりつつ、貧血の程度に合わせてAIHAの治療も行うことになるでしょう。
膵炎がある場合はAIHAの治療の身ではよくはなりません。

それからAIHAの治療はステロイドがメインになりますが、その他の免疫抑制剤やガンマガードといわれる少し高価なお薬を使った方がいいことも多いです。
ここでの病院紹介はできませんので(紹介状はかけません)、今の病院で大学病院や大きな二次病院を紹介してもらった方がいいでしょう。
質問者: 返答済み 4 年 前.
ご連絡ありがとうございます。
これから、膵炎の事相談します。
ただ、膵炎の可能性がわかる血液値は上がっていないのです。
補足で申しわけありませんが、今の病院でこれまでの処置としては、問題はないと思ってよろしいでしょうか?
何も食べない今、ワンちゃんの命は危ないのでしょうか?
大きな病院への移動も今の身体で大丈夫ですか?
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
リパーゼやアミラーゼは最近では膵炎の診断にはあまり有用でないことがわかっています。
それから、処置としては特別問題はないと思います。
ただし、ステロイド以外の免疫抑制剤を、自己免疫性溶血性貧血の治療に使うことは必要かと思います。

それから今すぐに命の危険はないでしょう。
ただし、AIHAは進み始めると一気ですので、早めに次の手を打たれたほうがいいです。
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験: 獣医臨床歴6年
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.
お世話になります。
今日の面会で腹水が溜まってきた事を確認しました。
胆のう切除からつぎつぎになる、病名にショックで驚いています。
ご連絡頂いた膵炎の疑いはないと言われました。
WBC-29.9,Rbc-3,Hgb-7.4,Hct- 20.9,Mcv-69,6,Mch-24.6,Mchc-35.4,
plt-232,Mpv-8,5
Alb-1.7,Alkp-2000以上,Alt-10,Amyl-671,Ast-48,Bun-6,Chol-159,Ggt-50,Glu-97,Lipa-289,Nh3-12,Tbil-1.5今日の数値です。

川崎の高度医療センターへの診療もお願いしていますが、体力のない
重篤なワンちゃんを検査等で亡くした話しも聞きます。
人間でも、腹水が出るとと、言われるようにもう覚悟がいるのでしょうか?
手術後のケアなのか強い薬なのか原因はわからないのでしょうか?
医師もこんなはずではなかったと…
私こそ切除しないで薬と検査で寿命を全うさせればと悔やまれ、後悔でなりません。
今先生方に相談するのが私の出来る事の一つとして
どうかアドバイスをよろしくお願い申し上げます。
質問者: 返答済み 4 年 前.
お世話になります。
今日の面会で腹水が溜まってきた事を確認しました。
胆のう切除からつぎつぎになる、病名にショックで驚いています。
ご連絡頂いた膵炎の疑いはないと言われました。
WBC-29.9,Rbc-3,Hgb-7.4,Hct- 20.9,Mcv-69,6,Mch-24.6,Mchc-35.4,
plt-232,Mpv-8,5
Alb-1.7,Alkp-2000以上,Alt-10,Amyl-671,Ast-48,Bun-6,Chol-159,Ggt-50,Glu-97,Lipa-289,Nh3-12,Tbil-1.5今日の数値です。

川崎の高 度医療センターへの診療もお願いしていますが、体力のない
重篤なワンちゃんを検査等で亡くした話しも聞きます。
人間でも、腹水が出るとと、言われるようにもう覚悟がいるのでしょうか?
手術後のケアなのか強い薬なのか原因はわからないのでしょうか?
医師もこんなはずではなかったと…
私こそ切除しないで薬と検査で寿命を全うさせればと悔やまれ、後悔でなりません。
今先生方に相談するのが私の出来る事の一つとして
どうかアドバイスをよろしくお願い申し上げます。
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
腹水に関しては一般的には、漏出性と滲出性に分かれます。

経過と血液検査からはどちらも 考えられますが、
漏出性であれば、腹膜炎になるでしょう。
腹膜炎は開腹手術後に時々見られる合併症で、腹腔内に菌が入ってそこで感染症を起こしているとか、胆汁が漏れてお腹で炎症を起こしているということです。

滲出性の場合、アルブミンが1.7と低めですので、血液の浸透圧が低く、それにより血液成分がお腹の中に漏れ来る可能性があります。
さらに肝臓が悪いと門脈高血圧などを起こしてさらに漏れやすくなります。

僕は早めに二次病院に行かれることをお勧めします。
質問者: 返答済み 4 年 前.
お世話になります。二次病院の方とうちの医師が昨晩電話で話され、
ガンマガードの投薬で貧血症の様子を見ながら、肝臓を見ていくを提案され、二次病院でやる事を今のワンちゃんの体力を考え、今の病院で処置してはと話されました。実際明日朝には、薬は到着するとの事です。
この薬のメリット、デメリットの話も聞きましたが、他に打つ手 がないのならと思いますが、腹水や下痢もある今で、一度しか打てない薬を投薬するのは危険ではないですか?おまけにその医師は明日、薬の投薬時間の最初30分しかいられないと言うのです。(30分で障害あれば起きる)
腹水の内容は水で、肝臓障害からきてると言われ肝硬変になっているかもとも言われ、どの道この子には死が訪れるのかと思うと…

今日の数値です、どうか、どうかアドバイスをお願い致します。
Alb-1.6 Alkp-2000以上 Alt-20,Amyl-774,Ast-159,Bun-6,Chol-158,Ggt-54,
Glu-88,Lipa-361,Nh3-21,Tbil-1.4
WBC-35,Rbc-2.73,Hgb-6.7,Hct-18.8,Mcv-68.8,Mch-24.5,Mchc-35.6,Plt-174
Mpv-9.4
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
そうですね。

飼い主さんの言い分も、十分わかります。

ただ、今の状態でこのままジワジワ貧血が進んで行ってしまうと、もう打つ手はなくなります。
ガンマガードは貧血を改善するお薬ではなくあくまで貧血を止めるお薬です。
ですので、肝臓の方に治療を集中するためにガンマガードを使うという考え方もあると思います。

やはり、その辺りの判断に関しては実際に見ていないものとしてはなんともいえません。

犬 についての関連する質問