JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yasuyukiに今すぐ質問する
yasuyuki
yasuyuki, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 709
経験:  北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
61682647
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
yasuyukiがオンラインで質問受付中

生後45日の子犬ですが、コクシジウムがお腹にいるということで、お薬を処方されました。この虫は大変しつこいとの事で4週

解決済みの質問:

生後45日の子犬ですが、コクシジウムがお腹にいるということで、お薬を処方されました。この虫は大変しつこいとの事で4 週間くらいは薬を飲まなくてはならないと言われましたが、そんなに飲まなくてはならないのですか?飲み始めて2週間目になりますが、もう一匹居る17年の老犬が今朝から下痢が酷く、検査の結果コクシジウムが移ったと、同じ薬を処方され、老犬が治るまでは子犬も薬は飲み続けなければならないと言われ、そこまでしなくてはならないのかと疑問です。…教えて下さい。
               神奈川県在住 匿名
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  yasuyuki 返答済み 4 年 前.

頂いた情報の中での回答です。納得いくまで詳細を追加してご質問ください。文章の稚拙を含めメールでの正確な意思疎通は非常に困難といわれています。実際に診療にあたった主治医の診断に優るものではないと考えています。

なかなかコクシジウムは退治できないのは事実です。

主治医の指示に従われたほうがいいでしょう。

通常は1週間くらいの期間で処方しています。

でも、なかなか駆除できずに、結局は4週間くらい飲んでいる場合もあります。

子犬の場合には、便を踏んだり、食べたりしての、再感染が多いような気がします。

つまり、駆除されてはいるんだけれど、便中の感染源が残っていると、また感染してしまい、いつまでもいなくならないというわけです。

しかし、経験上は、コクシジウムが早くから検出されなくなったり、コクシジウムがいても、まったく軟便も下痢もしなかったりと、さまざまです。これは、その個体の持つ免疫力の差なのだと思います。

一般的に、子犬や老犬では免疫力が低いので、それだけ薬に頼る必要が出てくるのは否めません。

コクシジウムは人にはうつらないので、「そこまでしなくてはならないのか?」というと、人にうつるような回虫などの寄生虫に比べれば、「そこまでしなくてもいいのかも?」ということになります。

犬種からすると、薬用量も多く、その分費用もかさんでいると思います。もし、そこがネックになっているのであれば、それを主治医に伝えてみましょう。安い薬がないかどうか、投与期間を短くすることはどれくらいのリスクを伴うのかなどを、主治医にご相談されるといいでしょう。

yasuyukiをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問