JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

シェットランドシープドック(15歳、オス)なんですが、一か月ぐらい前から散歩中に貧血のような感じでパタリと倒れるよう

質問者の質問

シェットランドシープドック(15歳、オス)なんですが、一か月ぐらい前から散歩中に貧血のような感じでパタリと倒れるようになりました。 短時間休めば何とか立ち上がれるよう ですが、最近では年のせいか動きも辛そうです。 フィラリアの予防注射、他の注射もしております。 尿の色もいつもと変わらず、便もいつもと変わりません。 食欲も旺盛ですが、倒れてからは少し間おおいて食べるようです。歩行の方は年のせいでしょうか、よたよた歩きますが足を引きずるとかは無いです。
なるべく詳しく書いたつもりですが宜しくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

おはようございます。

トーマスちゃんが1か月前から散歩中に倒れるということですね。

運動中に倒れて、その後休むことでまた動けるようになることから、恐らくですが心臓の不整脈よる失神の可能性があるかと思います。

似た症状でてんかん発作がありますが、この場合には運動していても安静にしていても倒れて意識を失いピクピクします。

散歩中に倒れた場合には意識はあるのでしょうか。失神の場合には一時的に意識が無くなると思います。他には確かに貧血での虚血性失神の可能性もあるかもしれません。

このような不整脈による失神の原因としては心疾患、甲状腺機能低下症などが考えられると思います。

心疾患の場合には、聴診、レントゲン、心電図、心エコー検査などが評価のために必要です。甲状腺機能低下症の場合には血液検査をして血中の甲状腺ホルモンの値を調べることで診断可能です。

いずれの検査も痛い検査はございませんし麻酔の必要もないですので、ワンちゃんの負担は少ないです。

はやめに病院にて診察されることをお勧め致します。

issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.


ご回答、ありがとうございました。


ひとつ、書き残していたのですが失神している時は意識があるようです。


宜しくお願いします。

専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

ご返事ありがとうございます。

お返答が遅れまして申し訳ございませんでした。

倒れているときにも意識はあるということですね。

運動して体に負荷がかかっている場合におきていることから除脈や頻脈など心臓の病気もかんかえられますが、倒れた時にも意識があるということでしたら、何かの理由で体の自由が利かなくなるという状態になるのかもしれません。

発作の場合にも全身発作の場合には、意識がなくなることがほとんどです。部分的な発作の場合には体の一部が痙攣などおこし思うように動かなくなることがございます。

まためまいや息切れで、散歩中に臥せってしまうという可能性もあると思います。このような場合には意識はなくならないと思います。その場合の原因としてはやはり心臓の不整脈が原因の場合が多いと思います。あるいは飼い主さまのおっしゃるように貧血しており息切れする可能性もあるかと思います。貧血かどうかは血液検査にて分かります。

このような病気の場合には今後倒れる回数が増えていく可能性がございます。15歳とご高齢ですので、症状がひどくなる前に一度病院にて、診察をお勧め致します。

検査の内容はやはり、聴診、心電図、レントゲン、血液検査(甲状腺ホルモンを含む)、神経学的検査が項目として挙げられます。神経学的検査も痛くない検査でその場でできる検査ですので、わんちゃんの負担も少ないです。

犬 についての関連する質問