JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

12歳コーギー メス です。 現在、20分間隔で、黄色い胃液?を履き続けています。 すごくぐったりして元気があり

解決済みの質問:

12歳コーギー メス です。
現在、20分間隔で、黄色い胃液?を履き続けています。
すごくぐったりして元気がありません。
食べ物、お水いっさいたべません。
とても心配です。大丈夫でしょうか?

原因と考えられるのは、月曜日の夜大きなお皿に山盛りだった天ぷらやかき揚げを食べてしまいました。何ともなかったのですが、木曜日の朝から嘔吐が始まり今にいたります。

動物病院にいったのですが、腎臓、肝臓が弱ってるので無いだろうかでしたが、
他に原因は、なさそうでしょうか?脱水症状おこさないでしょうか?薬も飲めません、飲んでもすぐ吐いてしまいます。

とても心配です。
どうか回答よろしくお願い致します。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

こんにちは。

12歳のコーギーちゃんが嘔吐が激しいということですね。

天ぷらやかき揚げを月曜日に沢山食べたということですね。

可能性としては脂っこいものを食べすぎると、急性膵炎になることがあります。

激しい嘔吐と元気なしということを考えると急性膵炎の可能性は考えておかないといけないと思います。

血液検査にて膵特異的リパーゼを測定することをお勧めします。数値が高ければ膵炎の疑いが高くなります。低ければ膵炎ではないと言えます。外注検査ですので結果が出るまで2-3日かかります。土日を挟むとさらに時間がかかります。また病院では念のためエコーにて膵臓領域をチェックしておくことをお勧めします。

飼い主さまのご心配のように脱水症状を起こす可能性が十分あります。またお薬も吐いて飲めないとなりますと、ご自宅での治療は困難なので、膵炎の検査の結果がでるまでの数日間は入院しての治療をお勧めします。

質問者: 返答済み 4 年 前.
早い返信ありがとうございます。
様子をみて月曜日に再診してもらおうとおもっていたのですが?早い方がよいでしょうか?他の動物病院へ受診したほうがよいですか?
先ほどブドウ糖の点滴してきました。

昨日の詳しい血液検査の結果ですが、
赤血球数351万個 貧血ぎみです。
白血球数8000個
HT 23.6%
BUN 51mg 高い
Glu 99mg
t-Bil 0.3mg
GOT 53IU 高い
Gpt 35IU
T-Cho 253mg

で貧血ぎみで、腎機能、肝機能低下
とでております。
Amyは、わかりません。

回復できる病気でしょうか?
回答よろしくお願い致します。
専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

ご返事ありがとうございます。

腎機能や肝機能が低下していることはそれぞれの機能が落ちているのではなく全身状態の悪化を意味していると思います。

貧血にしてもそうです。

早期のしっかりした治療が必要です。特に静脈点滴にて血液還流量を増やししっかり水和することはこの場合非常に重要なことでなのでお勧めします。貧血についても、水和すればもう少しHCTの減少が出てくると思いますが、今すぐに輸血が必要なレベルではございません。

月曜では遅すぎる可能性が高いですので、本日中に入院されることをお勧めします。

他の病院へ転院される場合はできれば2次診療の病院へされることをお勧めいたします。

もし膵炎であった場合、人でも緊急入院にて徹底的に治療します。回復するかどうかは原因にも依りますが、早期にしっかり治療できるかどうかにかかっていると思います。

膵炎の診断でアミラーゼやリパーゼは診断価値としてそれほど高くないですので、先ほど書きました膵特異的リパーゼの測定をお勧めします。

膵炎以外の病気の可能性も当然ございます。内分泌疾患で副腎皮質機能低下症というものがございますが、これも突然全身状態の悪化が出てくる病気の一つです。いずれにしても現在嘔吐がひどく元気なしで、血液検査の結果がこれだけ悪いと残念ですがご自宅で飼い主さまが治療できるレベルを超えております。ですので、入院して治療しこれ以上の状態悪化を防ぎつつ検査も同時進行で進めて早期に原因を究明し、病気に特異的な治療ができるようにすることが、回復させるために一番確実な方法だと思います。

issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問