JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

8歳のメスの柴犬です。 股関節脱臼になり、2月2日に緊急外来にて全身麻酔をし、 股関節をはめてもらいましたが

解決済みの質問:

8歳のメスの柴犬です。

股関節脱臼になり、2月2日に緊急外来にて全身麻酔をし、
股関節をはめてもらいましたが、翌日掛かりつけで見てもらったところ、
股関節がまた外れていました。

そこ で翌日の4日に再び全身麻酔にて、糸での修復手術をし、
12日に退院したものの、今日13日に再び外れてしまった模様です。

掛かりつけのお医者様いわく、「外れた場合は股関節の切除手術を行う」とのことです。

経過自体はしょうがないこととあきらめていますが、
短期間に三度の全身麻酔することに不安があります。

すぐに手術をしても大丈夫なのでしょうか。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

そうですね、まず手術自体は飼い主さんもご理解いただいている通り、非観血的な整復、糸での整復でも不可能であれば股関節の大体こっと切除術を行わないといけません。

麻酔に関しては、8歳と いうこともあり、やや高齢の域に入り始めてはいます。
基本的に内臓に問題がなければ大丈夫ですが、麻酔の影響で腎臓や心臓の機能が一時的に落ちることがあるので、再度術前の検診をしっかり受けられることをお勧めします。
特に腎臓は麻酔による低血圧の影響を一番受けやすいので、短期間で数回麻酔をすることでダメージを与えてしまう可能性はあります。
しっかり検査してもらうとともに、術中、術後(場合によっては術前も)しっかり点滴してもらうことが大切です。

他に異常がなければ特別問題ないと思います。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問