JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

こんにちは。 うちのヨーキー13歳メス 去年夏に歯茎に痛がるようなできものができました。病院で切除し調べた結果

解決済みの質問:

こんにちは。

うちのヨーキー13歳メス 去年夏に歯茎に痛がるようなできものができました。病院で切除し調べた結果 悪性黒色腫との診断。先生と相談し抗がん剤治療を行いました。
点滴をする前に血液検査 一週間後(食欲はなくなり元気がなくなります)には元気になり、血液検査で白血球や血小板の数値の検査 その後、2週間後に血液検査にて回復。再度抗がん剤投与・・・と4回ほど行いました。去年12月に抗がん剤投与後 血小板の数値が6に・・ 年が明けてあまり数値が上がってこず、1月は投与をやめていました。のどの左右にしこりがあるのと、歯茎にまた小さなできものがありますが、大きくなっていません。足の付け根にリンパがあるのでしょうか?ここ2日くらい痛がることがあり、食欲も元気もあまりなく 「なんとなくおかしい・・」と感じます。
お散歩には行きたがり、ほんの少しだけお散歩をするのですが元気いっぱいです。
抗がん剤治療を続けたほうがいいのでしょうか? 抗がん剤を投与すると本当にぐったりしてしまうこともあり、悩んでいます。仕事をしているため日中はワンコ一人でいるため心配で仕方がないのです。なんとなくおかしい・・・元気がない・・食欲がない・・と抗がん剤投与はやめたほうがいいとのことで、どうしたらいいかと仕事も手につかない状態です。

1月末に肺のレントゲンでは転移はないようでした。リンパに転移しているのでしょうか・・
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 4 年 前.
初めまして、質問有難うございます。

診察をしていませんので的確なアドバイスが出来ない場合もあることをご理解ください。

-もう少し詳しく状況を説明していただけませんか。

最近血液検査はしましたか?
質問者: 返答済み 4 年 前.

1月末に行いました。

質問者: 返答済み 4 年 前.

1月末に行いました。 その時は元気なころの数値とほぼ一緒だったので

抗がん剤投与を検討しましたが、抗がん剤が体に蓄積されていくため

数値が今までより下がる可能性があるとのことで、少し様子をみることにしました。

 

首(のどの左右)のしこりと歯茎の白いできものは大きくなっていないかの

確認だけしていましたが、2日前あたりから後ろ足の付け根を触ると痛がるそぶりを

するようになり、食欲もなく元気もありません。私があまりにも気にしてみるため、

ワンコも私を気にして震えていたり、私の顔ばかり見ていたりします。

 

 

専門家:  wantaro 返答済み 4 年 前.
腫瘍の再発の可能性もありますが、それ以外にも感染症でリンパ節が腫れているなども
十分に考えられます。

まずは心配だとは思いますが、血液検査などを受けて担当医と相談してみましょう。

最近では免疫療法という治療法もあります。

自分の体を守るリンパ球を人為的に増やして癌と戦う方法です。
まだ科学的根拠は少ないですが、盛んに研究や実施がされています。

効いていると思われることもよくあるので担当医と相談してみてください。
比較的各地で行われています。
質問者: 返答済み 4 年 前.
再投稿:回答の質.
質問者: 返答済み 4 年 前.
再投稿:回答の質.
専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

こんにちは。

ご質問が再投稿されましたので、代わりにお答えさせていただきます。

昨年夏に悪性黒色腫と診断されて、抗がん剤による治療をされおられるということですね。

今回は足の付け根を触ると痛がるということですね。

抗がん剤はアドリアマイシンで3週間に1回治療をされてこられたということだと思います。

2日前から足の付け根を痛がるそぶりをしだしてから、かかりつけの先生に診察をしていただいておられないのであれば、まず診察を受けていただくことをお勧め致します。

飼い主さまのお悩みは抗がん剤の使用による副作用と今回の足の痛みは腫瘍の転移かどうかという2つの悩みが混じっていると思いますが、1つ1つ解決することをお勧め致します。足の痛みの原因は別の病気である可能性が十分あると思います。しっかり調べて原因を突き止めることで悩みの1つは解決することができます。

また抗がん剤の使用はやめたほうがいいですよと言っておられるのは、その先生でしょうか。抗がん剤は決まった量を毎回打つのではなく、副作用に応じて減量して使用することが可能ですし、実際そうして使います。血小板の減少が激しい場合やぐったりする場合には副作用が出すぎているので、次回使用する場合には20パーセントなりの減量をして使用するなど柔軟な使用方法が求められます。

issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験: 北海道大学獣医学部卒業
issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問