JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5377
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

フレンチブルドッグメス6歳ですが1週間前に3度癲癇で痙攣をしました。医者は犬の癲癇は 原因がいろいろあり、防ぎよう

解決済みの質問:

フレンチブルドッグメス6歳ですが1週間前に3度癲癇で痙攣をしました。医者は犬の癲癇は
原因がいろいろあり、防ぎようがないので、再度痙攣が起きたら、治まってから飲ませる薬をくれました。その痙攣直後よろ前足の左足が踏ん張りが効かず、立てなくなる事がたびたびあり、
フ ローリングの上だと滑って傾くので歩けなくなったりします。カーペットの上では立ちますしゆっくり
歩きますが・・・

食欲はありますが元気はなく寝てばかりいます。脳に問題があるのでは?と素人なりに感じてます。
治らないとは思いますが、この先どういう症状が出る可能性があるのか?
教えて下さい
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

こんにちは。

フレンチブルのジェマちゃん6歳雌が1週間前に3回痙攣を起こしたということですね。

痙攣発作が起きるのは、脳で異常な電気信号が発生することで脳が異常興奮しその結果体の制御が効かなくなり、痙攣したり意識を失ったりします。

その脳に異常を起こさせる原因になる場所は大きく分けて3つあります。脳、心臓、内臓(内分泌系も含む)です。脳の場合は脳腫瘍、脳炎、水頭症など、心臓の場合には不整脈(頻脈や除脈)による脳への酸素供給不足、内臓疾患の場合には低血糖(腫瘍でも起こります)、低カルシウム血症、高アンモニア血症、ホルモンの分泌低下症(ステロイドホルモンや甲状腺ホルモンなど)が考えられます。代謝性疾患や内分泌疾患がこれに当たります。

脳はMRI検査で観ていくしかないですが、そのためには麻酔が必要です。

そこでその前に麻酔を必要としない検査、血液検査やレントゲン検査、聴診、心電図(聴診にて心臓に異常がありそうな場合)、エコー検査などで心臓や内臓に異常が認められないか調べます。その結果、異常があればまずその治療をしますし、異常が無い場合には脳の中に異常がある可能性が示唆されます。また神経学的検査にて脳神経テストをすることで、原因までは特定できなくても脳のどの辺りに異常がありそうかどうかはMRI検査をしなくても分かる場合が多いです。

そして、発作の頻度や症状などから、MRI検査が必要であれば原因を調べるために検査することもありだと思います。MRI検査でも異常が認められない場合には真性癲癇発作と診断されます。

検査の流れは以上のようになります。

実際に治療が必要かどうかは一般的に3つの条件で判断していきます。

年に6回以上発作がある場合、月に1回以上発作がある場合、1回の発作が5分以上続く場合のいづれかの条件にあてはまる場合には発作を抑えるお薬を定期的に内服することをお勧めいたします。

発作自体は今後いつ起きるかは予測できません。明日おきるかもしれませんし、1年後かもしれません。頻発する可能性もございます。

そのため、まず麻酔なしでできる検査をされて、異常の場所を特定し、治療できるものは治療していくこと、あるいは抗てんかん薬を定期的に飲ませるのかどうかをかかりつけの先生と相談して決めることをお勧め致します。

また、抗てんかん薬の定期的な内服をしない場合でも、発作が起きた場合に飼い主様が頓服として使用できる坐薬で、ダイアップというもの(成分はジアゼパム)がございますので(発作が起きた時に肛門からそのお薬をいれてあげると発作が治まるというものです。)、それを常備しておかれるのも方法の1つかと思います。

質問者: 返答済み 4 年 前.

前足左足が痙攣後より何かしらの異常があり、4本足で立てなくなっています。その症状に対しての質問の答えがありません。

質問者: 返答済み 4 年 前.
再投稿:回答が不完全.
質問の内容でない答えが返ってきてます。
その内容はくわしく丁寧でした
専門家:  wantaro 返答済み 4 年 前.
初めまして、質問有難うございます

発作を起こしている事や左側前肢の運動機能障害が出ていることから
大脳に脳炎や脳腫瘍、脳梗塞による障害が起きている可能性が高いでしょう

今後に起こる可能性のある症状は
視力障害、四肢の不全麻痺、記憶障害、眼振、性格が変わるなどが考えられるでしょう。
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5377
経験: 小動物臨床10年
wantaroをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問