JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
loverai0210に今すぐ質問する
loverai0210
loverai0210, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1846
経験:  動物病院に勤務しています。主に犬猫の診察をしております。
60637329
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
loverai0210がオンラインで質問受付中

黄疸がでて日曜日から入院し点滴を受けていますがTBIL15、GPTが1000以上の数値が下がりません。もう治す方法は

解決済みの質問:

黄疸がでて日曜日から入院し点滴を受けていますがTBIL15、GPTが1000以上の数値が下がりません。もう治す方法はないのでしょうか?原因は何か食べてしまったのではないかと、レントゲンで胃に異物があるということです。突然具合が悪くなりました。よろしくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  loverai0210 返答済み 4 年 前.
こんばんは。
レントゲンで胃に異物があるのが確実でしたら、私なら内視鏡もしくは開腹をしてそれを摘出す るほうにかけると思います。
突然具合が悪くなったということですので、胃に残っているものが何らかの影響を及ぼしていることに間違いないでしょうし、それが取らないのであれば点滴しか打つ手もありません。
麻酔の負担はかなりあると思いますが、このまま点滴だけでもとても厳しい結果になると思います。
しかし、手術中もしくは術後に具合が悪くなる可能性も十分ありますので、かかりつけの先生と十分お話になった上でおこなれたほうがよいでしょう。
質問者: 返答済み 4 年 前.

ごはんもほとんど食べません、手術に耐えられる力はなく手術は無理とのことでした。明日退院させようと思っています。後、どのくらい生きられるでしょうか?最後は悔いのないようにしたいです。他にしてあげられることはないのでしょうか?

専門家:  loverai0210 返答済み 4 年 前.
そうですか…
退院するのでしたら、水分も思うよ うにとれず、どんどん黄疸の値も上がってくると思いますので、一日一回でも皮下補液に行かれるか往診に来てもらったほうがよいかと思います。
それと、水分をとるためでもありますが、鼻にチューブを入れてもらったほうがよいかと思います。
弱っているのであれば、全身麻酔なしで入れれますし、はずそうともしないでしょう。
チューブをつなげばそこから流動食や水分を入れてあげることができます。
胃に物や水分が入らなければ、どんどん衰弱していってしまいます。
かかりつけの先生にご相談して入れてもらったほうがよいでしょう。
質問者: 返答済み 4 年 前.

すいません、弱っているといっても、立ちあがり動けます。点滴もはずそうとしたようでカラーつけられています。皮下補液していただきます。明日医者に行き話してみます。ありがとうございます。

専門家:  loverai0210 返答済み 4 年 前.
そうですか、しかし鼻にチューブを入れるのは軽く局所麻酔するだけで、ほとんどの子で簡単に入れれますし、カラーをされているのであればはずれないので、できるだけ入れてもらったほうがよいと思いますよ。
皮下補液だけではやはり十分な量はいれれませんし、点滴は単なる水分に過ぎませんので、やはり胃に何かいれてあげるためには、チューブを入れておいたほうがよいのではないかと思います。
loverai0210をはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問