JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

13歳のメス、中型犬、雑種 昨年11月より足の付け根から腹部にかけて小さな肉腫を発見、急速なスピードで大きくなり受診

質問者の質問

13歳のメス、中型犬、雑種 昨年11月より足の付け根から腹部にかけて小さな肉腫を発見、急速なスピードで大きくなり受診し12月中旬に手術1.2キロの肉腫を摘出、その後直ぐに肉腫が再発し急速なスピードで 成長し1月12日に再手術600グラムに及ぶ肉腫を摘出
抗生剤,腫れ止め等で対処するも今なお急激なスピードで肉腫が大きくなっって来ています 右足が肉腫の為血流が悪く腫れいます。痛み等は無く、食欲は有りますが元気がありません いくら手術しても再発し大きくなる肉腫 獣医さんもこんな例は初めてだ言われます 原因がわからずかわいそうです 最近は肉腫の成果便が出にくい感じがします 
良い治療法を教えてください また病名は何でしょうか 教えてください
身寄りの無いお年のおうちに居た犬で飼い主さんが癌で入院し帰宅は難しく保健所行きだと言われ引き取りました 助けてあげたいです 宜しくお願い致します。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんばんは。

ご質問ありがとうございます。

腫瘍の種類は病理検査で調べてもらっていますか?
腫瘍の種類によって治療法は変わってきますので。
質問者: 返答済み 4 年 前.

病理検査はしてもらって居ません 

専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
そうですか。

そうなると残念ながら具体的な治療法の提示ができないのが実際のところです。

ただし、とってもすぐ再発して異常に大きくなるというところを考えると血管周皮腫の可能性が高いのではないかと思います。
この腫瘍は遠隔転移などはあまりしませんが、局所の浸潤と再発が異常に早いのが特徴です。
ですので、再発したものを外科的に完全にとることができないため、もしリンパ節に転移をしていなく、可能であれば断脚を、そう出ない場合は放射線療法で抑えるしかないかと思います。
抗がん剤はあまり効果がないといわれています。

どちらにしてもかなり大変な選択ですし、それを腫瘍の種類がわからない状態でおこなうことはできないので、もし積極的な治療を望む場合は、病理検査で腫瘍の種類をはっきりさせる必要があります。
それをのぞまない場合は、Dフラクションのようなサプリメントなどで少しでも効果が上がることを期待するしかないかと思います。
質問者: 返答済み 4 年 前.

今現在 アガリスク、サメの軟骨の顆粒の薬を飲ませています。


再手術しなければ 最終的にはどのような症状が出るのでしょうか。又余命は?悲しいけど覚悟しないといけないのでしょうか?

専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
まずは、先ほどもあげましたが、腫瘍の種類、それから同じ腫瘍でも悪性度がことなりますので(人の乳癌と同じです)、まずはそれを調 べないとなんとも言えません。

そこを踏まえて一般的な血管周皮腫の話をします。
もし再手術をしない場合は、腫瘍が破裂して、感染してジュクジュクしてくる可能性が高いです。
それによる痛みと感染の全身への波及から亡くなってしまうとおもいます。
ただし、手術をした方がいいかどうかの意見は別れており、手術をすればするほど、この腫瘍は悪性度が高くなります。
うまく温存できるのであれば、抗生剤や抗炎症剤で維持するのも方法の一つかと思います。
寿命は通常初発から3ヶ月から1年であることが多いです。
悪性腫瘍で治療なしに一年以上生きれることはほとんどないのが実情です。

犬 についての関連する質問