JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

この間は片方の前足を地面につけれず、その後2週間後には右後ろ足。更に今左後ろ足がつけれず痛そうです。医者にも行ったの

解決済みの質問:

この間は片方の前足を地面につけれず、その後2週間後には右後ろ足。更に今左後ろ足がつけれず痛そうです。医者にも行ったのですが、レントゲンでは何も異常がみられず炎症を止める注射と数日分のお薬を頂きました。

足が悪いのではなく別の病気ではないかと思っているのですが、お答え宜しくお願い致します。ちなみにチワワですが、普通のチワワより元々のsizeが大きくて6kgあります。6歳です。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
おはようございます。

ご質問ありがとうございます。

お熱はないですか?
また、痛み止めはステロイドですか?非ステロイド(NSAIDs)ですか?
それは効果はでていますか?

もう少し情報をお願いします。
質問者: 返答済み 4 年 前.

英語表記の薬ですので分りません。最初の時は注射で、効果ありまして余った薬を2回目に飲ませました。立て続けに3回目ですし、震えもあるので心配になりました。

専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
返信ありがとうございます。

質問者さんのお家のわんちゃんのように、毎回違う足を痛がるのは移動性の跛行と いって、特発性関節炎などの免疫介在性疾患である時に多いです。
これは全身の炎症を伴うことが多く、お熱が出たり、多飲多尿状態になっている子も多いです。
SLEなどの全身性の免疫介在性疾患の一症状としても出てきます。

これらの病気ではレントゲンにはほとんど異常がみられませんが、血液検査でCRPや抗核抗体、リウマチ因子などをはかると異常が出てきます。
まずは一度それを測ってもらうといいでしょう。
ただし、これらはステロイドを飲んでいると陰性にでてしまうので、薬がステロイドの場合には切って1.2週間後に、調べてもらう必要があります。

またそれ以外にも糖尿病や副腎皮質機能低下症なども原因不明のびっこの原因になるので、その辺りも調べておいてもらった方がいいかと思います。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問