JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

どうか、教えてください。 食欲は旺盛なのに触ると骨が感じられるほど痩せているんです。 栄養が摂取できていない

解決済みの質問:

どうか、教えてください。

食欲は旺盛なのに触ると骨が感じられるほど痩せているんです。
栄養が摂取できていないのでしょうか?

食べ過ぎるとお腹がゆるんで、軟便になるので調整して与えていました。
食べ足りないんじゃ ないかと心配していたのですが、元気もあるし、肥満よりは健康的なのかもと思っていました。でも身体を触ると細いんです。心配になるほど。。。大丈夫なのでしょうか?

フードはドライで、一気に食べてしいます。
ひとつ気になることがありまして・・・食べる速度なんです。というか、ほとんど噛んでないようなんです。
そこに原因があるんではないかと思いまして・・・。
飲みこんでいる状態なので消化できてなく、栄養も吸収できず、軟便になるとかないでしょうか?フードを柔らかくしたらよいのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんにちわ。

ご質問ありがとうございます。

食欲旺盛でしっかり食べていても痩せているというのはやはり病的なものの可能性は高いと思います。
考えられることとしては
1.消化、吸収に問題がある
2.吸収までは問題ないが、その後の代謝に問題がある
3.異常にエネルギーを使ってしまっている
の三点が考えられます。

1として考えられることは
・膵外分泌不全
膵臓からの消化酵素が不足するために消化が追いつかず食べても痩せてくる代表的な病気です
血液検査で酵素がでているか調べます。
・腸リンパ管拡張
腸にあるリンパ管が拡張して、栄養が漏れてしまう病気です
・IBD(炎症性腸疾患)やリンパ腫など
これも吸収が悪くなる病気です
この二つは内視鏡検査が必要です。
・寄生虫症
とった栄養を寄生虫に持っていかれてしまうため、自分のものになりません。
検便でわかります。

早食いによる消化不良もこのうちにはいる可能性はありますが、ワンちゃんはほとんどが噛まずに丸呑みですので、そこまで痩せてくる原因にはならないと思います。

2では主に肝臓の疾患になります。
肝臓は腸でとった栄養をアルブミンなどに変えて全身に送りますので、その過程がうまくいかないと痩せてしまいます。代表的な病気としては門脈シャントや肝硬変、肝臓腫瘍などです。
血液検査で肝機能検査をしてもらったりエコーで肝臓をみてもらう必要があるでしょう。

3では
1糖尿病
体にあるエネルギー(血糖)を体が使えないために、食べても痩せてしまいます。
血液検査で簡単にわかります。
2.タンパク漏出性腎障症
これは尿にタンパクが漏れ出てしまうために栄養失調になるものです。
尿検査で調べて行きます。


代表的なものでかなりいろいろあげら れます。
内視鏡検査などは麻酔がいりますが、多くの病気が血液検査と尿検査で診断できます。
一度それをしてもらった方がいいでしょう。
それで異常がなければ、まずは消化のいい療法食(i/dなど)を食べさせてもらうのがいいかと思います。
早食いに関しては、それが問題というよりは、栄養失調気味で食欲が亢進しているカップ体が異常に欲している)ために起こっているものと思います。
まずは痩せている原因となる病気を探るのが一番かと思います。
質問者: 返答済み 4 年 前.

早速のご回答ありがとうございました。


 


やはり痩せていることはおかしいということがわかり安心しました。


病院に連れていってみます。


ですが、事情によりかかりつけの病院にはすぐに行くことができません。一日も早く連れていくことが大事だとは思うのですが、一週間程度先になりますが、大丈夫でしょうか?


 


そしてその間、今現在私にできることはありますか?


栄養のある食事を与える?


柔らかいフードに切り替える?・・・などなど。


アドバイスを頂けたら助かります。


 


それと、緑色の粘液についてはどうでしたでしょうか?


これといって問題はないのでしょうか?


同じものを食べさせている、もう一匹のメス(同犬種・7.5歳)にはそのようなことが一切なので、より一層心配なのです。(ちなみにオスは8歳になります)


 


 


 

専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
返信ありがとうございます。

一週間の間は今食べているフードでいいので、出来るだけ少量頻回(4.5回に分けて)あげること、ご飯はふやかして与えることなどをしても らうといいと思います。
ご飯の種類を変えると、アレルギーなどの関係もあり診断がややこしくなってしまう可能性があります。

それから緑色の粘液についてはおそらく肛門のうといわれる匂い袋からでているものではないかと思います。
これは、痩せているのとは関係なく、肛門のうに炎症を起こしている時に多いです。
痛みがなければ緊急性はないので、病院にいったときに一緒に肛門のうもみておいてもらってください。
質問者: 返答済み 4 年 前.

本当に何度も申し訳ありません。


 


肛門のうとは、カットをしてもらう時に「肛門腺を絞ってもらう」という事とは違うものなんでしょうか?きちんと処理ができてなかったということが繋がりますか?


 


それと、最近気づいたのですが爪が茶色から黒くなったもの一本があり、一本は真半分に黒と茶色に分かれているのです。


人間は病気は爪に現れると言いますが、犬には当てはまらないものなのでしょうか?


犬は痛いも苦しいも言えないので、私がサインを見落としたばかりに手遅れになったということは無くしたいのです。


 


何度も申し訳ございません。よろしくお願い致します。

専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
肛門のうにかんしては通常の液が茶褐色から薄茶色で、緑の場合は炎 症と感染による膿である可能性が高いです。
絞りきれていない場合は緑のものではないので、そこに炎症と感染があるということになります。

また、ワンちゃんも栄養状態が悪くなると、爪、被毛、皮膚に異常がでてくることは多いです。
それらの部位は直接生命に関係ない部位ですので、栄養状態が悪くなると、栄養が行き渡らなくて異常がでてきます。
それ自体が特定の病気を表すものではないですが、なんらかの栄養不良を表していると思ってもらった方がいいでしょう。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問