JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5280
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

シーズー、雄、12年4ヶ月です。 太り気味でいびきや鼻が鳴ることが増えましたが 今朝からあまりご飯を食べず、

解決済みの質問:

シーズー、雄、12年4ヶ月です。

太り気味でいびきや鼻が鳴ることが増えましたが
今朝からあまりご飯を食べず、よろけてしまい
呼吸が浅く、詰まっているような音もしてつらそうです。

えづいて吐いてしまうのではということを繰り返しています。

どうか対処法を教えてください。
お願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 4 年 前.
質問ありがとうございます。

診察をしていませんので的確なアドバイスが出来ない場合もあることを御承知ください。
追加でお聞きになりたいことや情報があれば随時書き込みをして
お問い合わせください。

考えられる原因としては
①心臓疾患で心臓が悪くその影響で肺水腫になっている。
 心臓の動きが悪いとその影響で循環のバランスが破たんすると肺に水が
 溜まります 、いわゆる心臓性の肺水腫というものです。
 心臓が悪いために生じているので、心臓病の治療で酸素吸入、利尿剤
 不整脈がある場合には抗不整脈薬などが必要です。
 
②気管支炎
 いびきや鼻が鳴る事や気管支炎で喉が腫れて呼吸がしずらい
 気管支拡張剤や酸素吸入などが必要です。
 かなり危ないので病院での処置が必要です。
 人間同様に呼吸困難は亡くなる可能性がありますし、やや高齢ですから
 早めに病院に行きましょう。

自宅では喉に保冷剤を当てて気管を冷やし、冷たい水を口に含ませるが対処法です。

かなり危ない状態だと思いますので今すぐにでも病院に行きましょう。
wantaroをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.


迅速な回答ありがとうございました。


 


あれからすぐに実家に行きましたが


夜間診察をしている病院がなく


一晩中付き添い、朝一番でかかりつけの病院へ行って来ました。


 


回答いただいた通り、心臓疾患でした。


 


レントゲン、エコー、血液検査の結果


僧帽筋から血液が逆流していて


回答いただいた肺水腫になる恐れがあるとの事。


 


 


利尿剤と血行をよくするお薬をもらい


まずは一週間様子を見ることになりました。


 


 


レントゲンでは気管には異常ありませんでした。


 


 


前もって回答をいただいたので心構えができました。


診断を聞いて「やっぱり」と思い


冷静に対処法を聞くことが出来ました。


 


夜間や緊急時にすぐに回答していただけるのは


本当に助かりました。


 


ありがとうございました。


 


 

専門家:  wantaro 返答済み 4 年 前.
お役に立てたようで良かったです。

お大事にどうぞ

犬 についての関連する質問