JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

1月27日の検診で胸の雑音が6段階の3でレントゲンで心臓が丸く映っていて 少し肥大していると言われました。 薬の

解決済みの質問:

1月27日の検診で胸の雑音が6段階の3でレントゲンで心臓が丸く映っていて
少し肥大していると言われました。
薬の話しも出ましたが今、すぐということではないのかその日は出ませんでした。
今のところ咳などの症状はなく今後、咳など症状が変わったら病院に連れてきて
と言われました。
家に戻りネットで色々と調べると咳などの症状を遅らせるためにも薬の投与はすぐしたほうが
良いと書かれているものもありました。
薬の投与はすぐ始めたほうが良いのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

こんにちは。

シーズーちゃんで先日聴診にて心雑音が3/6で、レントゲンにて心臓が丸くなっていたとのことですね。

年齢は10歳くらいでしょうか。

シーズーという犬種は高齢になると心臓病を患うワンちゃんが多い犬種です。

その多くは僧房弁閉鎖不全症と呼ばれる病気です。心臓の左心房と左心室を隔てる弁がありますが、この弁の開閉を調節するために弁についている腱索という糸が切れることによって、弁に隙間が生じ、血液が逆流することで雑音が生じます。

その逆流が心臓に負担になってくると、心臓がそれに対応して大きくなります。これを心臓のリモデリングといいます。それだけ心臓に負担がかかっているということです。

今回のシーズーちゃんの心臓もレントゲンにて丸びを帯びているということですので、そのリモデリングが起きているとうことです。

詳しくは心エコー検査にて、心臓のどこにどれだけ負担がかかっているかを調べることをお勧めしますが、単に雑音があるだけでなく、心臓の形が変化している場合には、それなりの負担がすでに心臓にあるものとして心臓薬(ACE阻害薬)の投与していただいてもよろしいかと思います。

心臓薬を飲ませる前に腎臓の機能に異常が無いかを血液検査でよろしいので見て置かれることもお勧めします。

心臓の治療をすると腎臓に負担がかかってきます。ですので今の時点で血液検査でBUN,

CREなどいわゆる腎臓の数値と呼ばれるものもチェックすることをお勧め致します。

質問者: 返答済み 4 年 前.


ありがとうございました。とても良くわかりました。


もうひとつだけお聞きしたいことがあります。


今回の検診で血液検査もしましたが先生が書かれていた腎臓に関する


ものはありませんでした。それと2年ほど前の検診で腎臓に結石がみつかり


尿にも出ているとのことで食事療法をずっとしてきましたが石は消えず


今にいたっています。今は治療はしていません。今後、心臓の薬を投与


すると何か影響はありますか。

専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

ご返事ありがとうございます。

今回の血液検査で尿素窒素BUN,クレアチニンCREは無かったということですね。

今も尿石症があるということですね。尿の種類は何でしょうか。シュウ酸カルシウムでしょうか。

心臓のお薬を飲ませてあげても、石に影響はないと思います。

今は食事療法もされていないのでしょうか。

もし食事療法をされていたとしても、しばらくはそのままの食事でよろしいかと思います。

心臓用の食事というのもありますが、必ずしもそれが心臓病の場合によいとは限らないそうです。

ただし、腎臓や尿に石や結晶が出ているのであれば、そちらも定期的に調べていただき、症状がひどくなっていないか、尿検査やエコーにてチェックされることをお勧め致します。

issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問