JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

お世話になります。 チワワを実家(両親が)で飼っています。 実家に帰った時に一週間前くらいからチワワが痙攣を起こ

解決済みの質問:

お世話になります。
チワワを実家(両親が)で飼っています。
実家に帰った時に一週間前くらいからチワワが痙攣を起こすと聞きました
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

こんばんは。

9歳で雄のチワワちゃんが痙攣を1週間前より起こすようになったということですね。

痙攣発作というものは原因が何であれ、最終的には脳内での異常な電気信号が生じることによる制御不能な興奮ということです。

原因としては、大きくわけて3つの場所があります。脳、心臓、腹腔内(お腹の中にある内臓)

脳の場合には脳炎、水頭症、腫瘍が主にあげられます。心臓の場合には心臓病が原因で除脈がおきる、あるいは逆に頻脈が起きるなどして、血液循環が悪化しその結果脳の低酸素や低血圧が原因で倒れたりします。

内臓の場合には低血糖、低カルシウム血症、高アンモニア血症などの原因が考えられます。いずれも基礎疾患があり、その結果としてこのような異常が生じます。これらも最終的に脳に悪さをして痙攣発作を起こします。

診断のつけ方はまず、麻酔をかけなくてもできる検査、血液検査、レントゲン検査、エコー検査や聴診にて心臓が悪そうならば、心電図検査や心エコー検査を状況に応じて行います。脳の中はレントゲンでは分かりませんので、上記の検査で異常がない場合には必要に応じて、麻酔をかけてMRI検査をする場合があります。

このように検査を順番にしていけば、原因まではわからなくても原因の場所を特定するできることが多いです。

治療をするかどうかは痙攣の時間や頻度に依りますので、かかりつけの先生とご相談してお決めになられることをお勧めします。

一般的には、3つの法則があります。

1 1回の発作が5分以上続く場合

2 月に1回は発作が起きる場合

3 1年で6回以上発作が起きる場合

以上の場合には一般的には発作を抑えるお薬を飲むことをお勧めしております。

ただし、発作の原因によってはお薬で抑えきれない場合もございます。

先ずはできるだけ検査をして発作の原因を調べられることをお勧め致します。

質問者: 返答済み 4 年 前.

早急のご回答ありがとうございます。


補足ですが、近くに病院には受診し採血・レントゲンは異常がないといわれました。


一日に何度も痙攣をおこし、何度も座薬を使用していいる状態です。


獣医には、どうすることもできないといわれ、ただただ痙攣を起こすたびに


見ているだけとなっています。


これから看病し愛犬が苦しまないようにしてあげるにはどのようにしていけば、良いか教えてください。

専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

ご返事ありがとうございます。

1日に何回も発作が起きているということですね。

その場合には発作の重責状態あるいは群発発作の状態だと思います。

発作というものは一度起きるとまた起きやすくなります。その場合には発作を止める必要がございます。長時間発作が続くことで呼吸ができなくなり低酸素状態になって脳に障害が起きる可能性があるからです。

座薬でもダメな場合には、抗てんかん薬を静脈注射をすること、それでも治まらない場合には抗てんかん薬(ジアゼパム)あるいは麻酔(プロポフォール)の持続点滴にてワンちゃんを一度眠らせる必要があります。

発作が続いていることから、脳に問題がある可能性が考えられますが、まずは座薬ではまく注射にて治療されることを強くお勧めします。

今現在も発作が続いている場合には救急病院での診察を受けられることをお勧め致します。

issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

こんばんは。

その後、痙攣の具合はいかがでしょうか。

痙攣が頻繁に起こす場合には、座薬などの対症療法以外に病気の原因を調べるためにMRI検査をされることをお勧め致します。

血液検査やレントゲンにて内臓や心臓に異常がないとなると脳内の異常ということになります。脳内の異常の場合には脳炎や脳腫瘍、水頭症などが考えらえます。原因によってはステロイドが有効な場合、水頭症の場合には脳圧を下げることにより症状のコントロールができる場合などあります。

麻酔をかけての検査になりますので、多少のリスクが伴いますが、原因をしっかり調べてことで治療方針が立つ可能性がございます。

ぜにご検討されることをお願い致します。

質問者: 返答済み 4 年 前.

夜分遅くに申し訳ございません。


いろいろと回答して頂きありがとうございます。


検討いたします。


 

犬 についての関連する質問