JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

9歳のチワワを飼っています。女の子です。もともと目が大きいので外傷がきっかけで少し白くなってきました。白内障とのこと

解決済みの質問:

9歳のチワワを飼っています。女の子です。もともと目が大きいので外傷がきっかけで少し白くなってきました。白内障とのことで目薬を使っています。
先日、片目が半分くらいしか開けずにその目の方だけ涙がでてました。目が大きいので涙 はいつもたまってたりするのでティッシュなどでふいています。いつものようにふこうとしたら嫌がって痛そうでした。(普段は全然嫌がらず気持ち良さそうにしています。)そして白目の所が充血していました。すぐに病院に行った方がいいですか?病気の可能性もあるのでしょうか。
宜しくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

こんばんは。

9才のチワワちゃんで白内障で点眼中、先日から白目が充血して痛そうとのことですね。

白内障を患っているワンちゃんの場合は、ブドウ膜炎という病気になりやすいです。ほっておくと緑内障に発展する可能性がございますので早めの診察をお勧めします。

目にはブドウ膜という血管の豊富な膜がございますが、白内障の患者さんはそのブドウ膜の炎症を起こすリスクが他のワンちゃんより高いです。ブドウ膜炎が起きますと、炎症が原因による浮腫が目の中でおきて、目の中の液体の流れが滞り、前眼房の眼圧が上昇する緑内障になる危険性があります。治療は炎症を抑える非ステロイド系の点眼薬(ジクロード点眼)を使用します。場合によっては生涯投与になることもございます。

従って、早めの受診をお勧めします。ただし、今は夜中なので、なるべく目を触らないようにして、cocoちゃんが目を気にする場合にはエリカラーを着ける、エリカラーがない場合には目をこすらせないように見張っておくことをしてください。

そして朝一番での診察をお勧めします。この数時間でどうにかなることはございませんので目をこするなど刺激しないようにだけ今は気をつけられることをお願いします。

質問者: 返答済み 4 年 前.

日曜日なので次の日の月曜まで待っても構いませんか?
それと、かかり付けの病院は眼科の医療機器みたいなのはないと思うのですが大丈夫でしょうか?初期の白内障の診断も少しみただけです。9年間ずっとそちらに通ってますので、他が全くわかりません。

専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

ご返事ありがとうございます。

cocoちゃんの場合には検査として、目に傷がないかどうかの検査以外に、スリットランプにて前眼房の状態や、虹彩の状態のチェック、また眼圧測定をしていただくことをお勧めします。

その場合に眼科検査の器具がない場合には、検査できませんので、もしかかりつけ医で検査できない場合には、別の病院に受診されることをお勧めします。

月曜日まで待っても大丈夫とは、言えません。やはり緑内障になると良くないですので明日開いている病院を探していただき受診されることをお勧めします。

ネットで病院を調べていただき、電話にてあらかじめ眼科検査できるかどうか確認してから行かれるとよろしいかと思います。その際に、白内障の病歴と現在の点眼薬、現在の症状を述べていただき、必要ならばスリットランプでの検査や眼圧測定をできますか、とお尋ねしていただければよろしいかと思います。ブドウ膜炎の診断は一般の病院でも十分できますので、何件かお心あたりを探されることをお勧めします。一般的に病院のホームページに診療可能項目が書かれておりますので、それらを参考にされるとよろしいかと思います。

質問者: 返答済み 4 年 前.

わかりました。


今は涙は出ていませんし、自分で掻いたり気にする様子もありません。私が触ろうとすると嫌がるくらいですが、今日中に探して行ってみようと思います。


有難うございました!

専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

追加です。

本日は別の病院にて診察をしていただき、それ以降はまた今のかかりつけ病院様にて治療を継続されるご予定の場合には、眼科検査の内容や検査結果、診断名のわかる報告書をいただくようにしてください。それをかかりつけ医に渡していただくと、その先生も治療経過がわかり、上手に引き継ぎができるかと思います。

お大事にしてください。

issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問