JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

膝蓋骨脱臼と言われたのですが、ずっとケンケンしてるわけでは無いので手術」はしなくていい と言われたのですが、散歩は

解決済みの質問:

膝蓋骨脱臼と言われたのですが、ずっとケンケンしてるわけでは無いので手術」はしなくていい
と言われたのですが、散歩はあまりしないほうがいいと言われ困っています。
手術をしたほうが安心するのですが、やはりずっとケンケンするようになるまで
様子を見たほうがいいのでしょうか?トイプードル4歳3キロの女の子です
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんにちわ。

ご質問ありがとうございます。

レントゲンをとったり、グレードがいくつなどとはいわれていないですか?
質問者: 返答済み 4 年 前.


レントゲンは撮っていません。グレードも言われてません

質問者: 返答済み 4 年 前.


レントゲンは撮っていません。グレードも言われてません

専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
返信ありがとうございます。

膝蓋骨脱臼の場合、手術するかどうかに関しては、ある程度いけんが別れることもありますが、症状とグレードによって決めることが多いです。
ただし、痛み止めを飲んでいても、しばらく散歩するとケンケンになってしまうというのであれば、手術の適応になる可能性は高いかと思います。

先生によ ってはほとんど外科的なことを勧めない先生はおられますので、一度整形外科をよくやってらっしゃる病院を探してセカンドオピニオンを聞きにいかれることを強くお勧めします。
文面のみではどちらがいいかは何とも言えませんが、足をかばっている期間が長くなると、足の筋肉が落ちてしまい手術したとしても回復が思わしくいかないこともあるので、一度セカンドオピニオンをききにいかれることをおすすめします。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問