JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5332
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

後ろ足、片足をたまに上げてケンケンする状態があり、昨日からもも?の辺りを触るとキャンと鳴きます。立とうとするときも鳴

質問者の質問

後ろ足、片足をたまに上げてケンケンする状態があり、昨日からもも?の辺りを触るとキャンと鳴きます。立とうとするときも鳴いていたので病院に行くと、鳴きもせず歩きました。それから家に帰るとまた同じ状態になるのでもう一度病院へ行くと、歩くし鳴きませんでした。その病院では足を触って触診されました。レントゲンをとるべきだったと思い、明日開いている病院へ行こうと思いますが病気の可能性があるのでしょうか。お答えよろしくお願いしますm(__)m
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 4 年 前.
質問ありがとうございます。

診察をしていません ので的確なアドバイスが出来ない場合もあることを御承知ください。
追加でお聞きになりたいことや情報があれば随時書き込みをして
お問い合わせください。

原因の可能性としては
①関節炎
 リュウマチなどの免疫介在性の関節炎などが一つには考えられます。
 関節の炎症があるので関節の穿刺検査や血液検査でリュウマチ因子、抗核抗体検査
 炎症マーカーのCRPなどの測定が必要です。

②膝蓋骨脱臼に伴う炎症
 膝蓋骨が外れた時に炎症や痛みを伴っている

③膝関節内に関節鼠といってトゲ状の物質が出来ているので傷みが生じる

④膝関節の前十字靱帯の断裂
 部分的な膝関節を支える靭帯の断裂があり膝がずれているので時々痛みを
 生じるなどが考えられます。

レントゲン検査や前述の検査が必要となってきますが
診断が難しい場合には大学や整形外科が得意な病院で一度診察をしてもらうべきでしょう。
質問者: 返答済み 4 年 前.
ご回答ありがとうございましたm(__)m
専門家:  wantaro 返答済み 4 年 前.
お大事に
専門家:  wantaro 返答済み 4 年 前.

他に質問や気になることはありますか?

犬 についての関連する質問