JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5400
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

6歳のチワワです。 今朝、抱き上げようとするとひどく震えました。 しばらくするとおさまりましたが、脚にさわるとが

解決済みの質問:

6歳のチワワです。
今朝、抱き上げようとするとひどく震えました。
しばらくするとおさまりましたが、脚にさわるとがたがた震えます。
全体に元気がありませんが、歩くことは歩きます。
便はふつうでした。よだれや発熱などもありません。表情もふつうですが、不安そうです。
手足に触られるのをいやがります。
よろしくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 4 年 前.
質問ありがとうございます。

診察をしていませんので的確なアドバイスが出来ない場合もあることを御承知ください。
追加でお聞きになりたいことや情報があれば随時書き込みをして
お問い合わせください。

発作を以前に起こしたことがありますか?

何か持病はありますか?

-もう少し詳しく状況を説明していただけませんか。

質問者: 返答済み 4 年 前.


病気や発作はこれまでありません。


 


でも以前に膝が外れがちだと言われましたが、これまでは問題なくたくさん歩いています。


 


あと今日はあお向けにになるのを嫌がります。

専門家:  wantaro 返答済み 4 年 前.
原因として考えられるのは

①頚部の骨の不安定症
 ちわわなどは頚部の骨が奇形で不安定であることが多く
 何かの拍子に少し骨がずれて首の骨の中を走っている脊髄が圧迫されると
 痛みや四肢のマヒなどが生じることがあります。レントゲン検査や神経学的検査
 場合によってはCT検査やMRI検査が必要です。
 軽度の場合には首の固定や鎮痛剤を飲み安静にしているとよくなります。
 診断が難しいので普通の病院ではよく解らない事もありますから
 場合によっては大学などで診察することが必要です。

②椎間板ヘルニア
 頚部の軽い椎間板ヘルニアが生じて痛みがある。
 これもレントゲン検査や神経学的検査、CTやMRIなどが必要かもしれません。

③関節炎
 リュウマチ性関節炎などにより痛みがある。
 免疫介在性の関節炎がある可能性も否定できません。
 血液検査や炎症マーカーのCRP測定、リュウマチ因子や抗核抗体検査
 関節の穿刺検査などが必要かもしれません。

症状があまりはっきりしないので断定は難しいですが
念のために明日にでも病院に行き検査してもらいましょう。

今日はなるべく動かせないで、安静にしていましょう。
wantaroをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問