JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
loverai0210に今すぐ質問する
loverai0210
loverai0210, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1846
経験:  動物病院に勤務しています。主に犬猫の診察をしております。
60637329
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
loverai0210がオンラインで質問受付中

愛犬(パピヨン♂4歳)が昨日、ドッグランで大型犬(タービュランとシェパード)に急に襲われ、 瀕死の重傷を負いました

解決済みの質問:

愛犬(パピヨン♂4歳)が昨日、ドッグランで大型犬(タービュランとシェパード)に急に襲われ、
瀕死の重傷を負いました。
大型犬の飼い主は、犬を全く制止できず、愛犬は2匹から何度も噛まれ、なぶり殺し状態。
内臓2か所、左足1か所、背骨を 1か所、深く噛まれ、未だ生死の境をさまよっています。

事故直後、獣医師に診察を受け、愛犬は酸素濃度の高い集中治療室に入れられ、今は
鎮静剤や栄養、化膿止め、痛止めなどを点滴されています。
しかしレントゲンの結果、背骨がお腹の上でぽっきり折れているので、下半身不随はまぬ
がれないとの事。また愛犬がショック状態を脱っし安定するまで、背骨や内臓の手術はで
きないとの事でした。そしてそれまでに、4日程かかるそうです。

ショック状態を脱し背骨・内臓の手術が成功したら、今後、どのように回復してゆくでしょう
か。元通りにならないまでも、少しでも希望を持ちたいのです。
また車椅子を購入したいと思っていますが、どの時期から使えばいいでしょう。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  loverai0210 返答済み 4 年 前.
こんばんは。
確かに厳しい状態ですね…
車椅子は、きちんと食事をとれるようになり、お尻のあたりを支えてあげるとたったり、トイレができるようになれば、用意してもよいと思 います。
また、今後の状態ですが、内臓のどこをけがしているかにもよりますが、血液検査などを定期的にされ、経過を見ていったほうがよいでしょう。たとえば腎臓などを損傷すればおしっこを作れなくなったりするので、厳しい状態かもしれません。
また、腸などを損傷していれば、手術が必要ですし、腹膜炎などを起こす可能性もあります。これらもエコーなどで定期的に検査していったほうがよいでしょう。
今後の状態は、まだ正確にはいえないですが、まずは呼吸状態や意識がはっきりしてくること、排泄ができるようになることで山を乗り越えたといえるでしょう。
質問者: 返答済み 4 年 前.

返答ありがとうございます。


内臓の噛み痕は、獣医師によると腸と胃のあたりにありますが、腸胃


そのものには到達しておらず、腹膜?に達している状態との事。


ただ犬の歯は細菌だらけなので、腹膜炎を心配しているようです。腎


臓・肝臓にダメージはなさそうです。


後ろ足は立てるようにはならないようです。背骨の骨折で神経が断裂


しているので、自力での排尿・排便も困難と言われています。あさって


頃まで、死ぬ可能性もありと言われていますので、おっしゃるように厳


しいとは思っています。

専門家:  loverai0210 返答済み 4 年 前.
そうですか…
確かに腹膜炎が心配ですね。ただ臓器自体に損傷がないようならまだ 頑張れるかもしれません。
同じように犬に噛まれた子を見たことがありますが、徐々にですが、回復していきました。
また、排尿は今後は自宅でぺニスにカテーテルを入れて抜くようになると思います。
こつさえつかめば、自宅でも可能になりますので、心配はいらないと思います。
排泄は最初は摘便をしてあげないといけないと思います。
それもそう難しくはないでしょう。
まずは山を越えて、呼吸がしっかりしてくるようになることですね。
loverai0210をはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

先日、大型犬に噛まれ瀕死状態の犬の件で相談した者です。


既に9日経ちましたが、愛犬は未だ手術ができません。


 


理由は、血液凝固成分が増えないからだそうです。4~5日に一度


輸血し貧血も治まり、一時は凝固成分も増え、内臓からの出血も止


まったようでした。


でも7日に手術しようと検査したら血液凝固成分が、手術できるレベ


ルまで増えてないのだそうです。したがってあと数日処置し、それで


もダメなら家に連れて帰ってもらうかもと言われています。


背骨は未だ折れたまま、栄養も薬も点滴、こんな状態の犬を連れて


帰れと言う事は、家で死ぬのを待ちなさいと言うことでしょうか。


お金の件は、相手と私で負担するので、気にしないように言っていま


すから経済的な事では無いでしょう。


もう手の施しようが無いから家でみとってあげてくださいという意味な


んでしょうか。

専門家:  loverai0210 返答済み 4 年 前.
確かに血小板などの凝固成分が減っていると手術は大変危険です。
しかし、今の状態で家に連れて帰るというのは、この子にとってもとてもきついことだと思いますし、回復の見込みは全くなくなるでしょう。
かかりつけの先生がどういう意図でそういうことをおっしゃられたのかはわかりませんが、もう一度できるだけのことをしてほしいということをご相談されたほうがよいように思います。
質問者: 返答済み 4 年 前.

何度も恐縮です。

家に連れて帰れば、数日で亡くなるでしょうし、栄養も水分も薬もとれず、

苦しみ抜いて死ぬのは、犬にとっても私にとっても、あまりに辛い。

 

また前質では書きませんでしたが、1月2日に担当した26歳程の若い獣

医が、楽観的で大した治療もせず、実は内臓疾患が酷かったにもかか

わらず、楽観的な返答。それで私も安心し、車椅子の質問などさせてい

ただきました。

しかし3日目、経験あるドクターに代わったところ、死んでもおかしくない

と言われ、それ以降、やっと本格的な治療を開始したという感じです。

 

評判の良い病院ですが、初担当が若い獣医だった事が災いしたのか、

初期治療がまずかったのか、治療がスローテンポだと思うので、このま

までは本人の体力がもたなくなってしまうとも思い、高度治療専門医院

に転院も考えてはいます。

がその際、今は怪我した部分の治癒に、自分の血小板成分を使いきっ

いて、薬で補充した分も使いきっている。

もう少し様子をみれば、凝固成分が増える可能性は、あるとみても良い

のでしょうか。少しは治る見込みはあるのでしょうか。

犬の意識はしっかりしていて、目もしっかりしています。しっぽも足も少し

動きますし、呼吸も正常に戻っています。

専門家:  loverai0210 返答済み 4 年 前.
私は実際には見ていないので、断定的なことはいえませんが、今までの経験上、意識や呼吸がしっかりしているのであれば、まだ回復する可能性はあると思います。
転院するのであれば、早めのほうがよいと思います。
今の先生がもうこれ以上は無理と匙を投げられるのであれば、やはりはやめに転院したほうがよいでしょう。
loverai0210をはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問