JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5280
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

犬の元気がなくて困っています 詳細には ブルテリア メス 約9歳 乳がんがあり肺には12月中旬レントゲン検

解決済みの質問:

犬の元気がなくて困っています
詳細には
ブルテリア
メス
約9歳
乳がんがあり肺には12月中旬レントゲン検査したところ肺の転移は見られませんでした。
手術して乳房の左下側半分を切除しました。
おしっこもきちんと出ていますクリアな黄色です。濁ったり血が混じったり いつもと違う匂いはしませんでした。
鼻も寝ているときは乾いていますが起きているときはぬれています。
熱は少しありそうです。
全体的にだるいのかぐったりしてます。

12/27夜より少しご飯を残すようになり単なるわがままなのかと思いました(過去にも同じようなことがあったので)
28日朝はほとんど食べずに水を飲んでいました夜はお肉を買ってきて焼いて与えたところ問題なく食べました。
29日、30は日に日に元気がなくなってきましたがお肉を食べていました量は一度に100グラム程度です。散歩は朝、晩の二回です。
31日、1/1になると散歩もつらそうになり1/1の夜になると散歩も行きたくなさそうですが誘ったらかろうじて行ってくれました。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 4 年 前.
はじめまして、質問有り難うございます

12月中旬に血液検査はしましたか?

お水を飲む量が増えるとか尿量が多いなどはありますか

-もう少し詳しく状況を説明していただけませんか。

質問者: 返答済み 4 年 前.

血液検査を行っているので結果を添付いたします。



水を飲む量は特に普段と変わりありません


。一度に100cc前後だと思います。


今日は、朝にお肉を食べなかったので伊達巻を3切れ食べさせて昼には、鳥のささみのスープと5センチくらいのささみを手で与えました。


 

専門家:  wantaro 返答済み 4 年 前.

診察はしていませんので文章のみからの推測にしかすぎません。 的確なアドバイスが出来ない場合もありますのでご容赦ください。 質問やさらにお聞きになりたいことがあれば情報や要望を入力をお願いします。

 

原因として考えられるのは

 

①甲状腺機能低下症、副腎皮質機能低下症  この病気は犬では免疫異常のためにホルモンを出す甲状腺や副腎を攻撃する事  でホルモン量の低下が起こるとされています。  手術のストレスや侵襲などが相まってホルモン低下症が起きていることが  考えられます。血液検査でACTH刺激試験や甲状腺ホルモンの測定を  することが必要でしょう。

 

②免疫介在性の関節炎   状態は普通でも乳腺腫瘍の切除と同時に避妊したりすると  卵巣より出ていたホルモンが消失して体調が悪くなる  または卵巣ホルモンが炎症を抑える作用があり、関節炎が隠れていたものが  卵巣ホルモンが消失して関節炎などの炎症が出てきて具合が悪くなった

 

③病理検査の結果が悪性の癌出会った場合  肺転移が急激に起きてきた。

 

④病院で弱っているので何かしらの細菌やウィルスの病気を貰ってきた  などが考えられます。

 

血液検査や炎症マーカーのCRP、リュウマチ因子、甲状腺ホルモン、ACTH刺激試験 などが必要でしょう、 何かしらの問題が起きている可能性が高いので 今日は暖かくしてポカリスエットを飲ませて明日にでも診察を受けましょう。

 

前回は大丈夫でもWBCが高かったので何かしらの問題があった

可能性が考えられます。

専門家:  wantaro 返答済み 4 年 前.

子宮と卵巣は避妊でとりましたか?



-もう少し詳しく状況を説明していただけませんか。

質問者: 返答済み 4 年 前.

夜遅くにすいません


避妊手術は行いませんでした。


11月24日に手術を行い11月7日に抜糸を行いました


術後翌日より発情期にはいりました。


手術した時に血液の止まり(止血)がスムーズにいかなかったために摘出部位を半分の箇所でやめました。


また術後も傷のくっ付きが悪く2週間かかりました。


抜糸までの間に膿むのを防止するために薬を服用しました。


 


その後12月14日からおりものらしき分泌物がおしっこの出る部位より出てきました。


子宮蓄膿症を心配しましたが薬を発情が終わる5日前くらいまで飲んでいたことと終了までの期間が短いことからそれはないとの見解でした。


 

専門家:  wantaro 返答済み 4 年 前.

薬を飲んでいてもなるときにはなりますので関係ありません。

おそらく子宮蓄膿症や子宮内膜炎になっているのでしょう。

早めに超音波検査をして診断してもらいましょう。

wantaroをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問