JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

初めて質問します。 家で飼っているダックスフンド(13歳オス)が昨日の夜からずっと呼吸が荒く、食欲もなく、自力でト

解決済みの質問:

初めて質問します。
家で飼っているダックスフンド(13歳オス)が昨日の夜からずっと呼吸が荒く、食欲もなく、自力でトイレもいけない状態です。
三ヶ月ほど前にも同じ状況になったのですが、その時は翌日には元気になっていたので、病院には連れて行っていません。今も年末で病院は休みのようで、どう対処していいかわからず様子を見てる状態です。このような場合どのように対処したらいいのでしょうか?
また原因、病状は何が考えられるでしょうか?
よろしくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

こんにちは。

13歳のダックスちゃんで呼吸が荒く食欲なしで動かないとのことですね。

ご高齢なのでいろいろな病気が考えられますが、心臓病をもっており肺水腫などになっている可能性、あるいは呼吸が荒いのは痛みが原因でありそのため動かないし、食欲も落ちている可能性があると思います。

痛みの原因としては下痢などしていないのであれば、消化管などお腹の痛みではなく、やはり腰、つまり椎間板疾患などの脊髄疾患が一番疑わしいのではないでしょうか。

循環器疾患の場合には命に関わる緊急性がありますし、椎間板疾患などの脊髄疾患の場合には麻痺がおきる危険性がございます。

できれば病院にて診察を受けていただきたいと思いますが、普段のかかりつけの先生とはご連絡がとれないでしょうか。

もし連絡が付かない場合には年末でもやっている病院をお探しいただいて多少遠くても診察されることをお勧め致します。

どうしても病院に行けない場合には脊髄疾患の場合には動かさないことが脊髄の炎症を取るために大変重要ですので、極力絶対安静にして動かさないことをお勧めします。

散歩も基本的に禁止していただきおしっこやうんちをどうしても外でないとしない場合にはだっこして連れ出して用がすんだらまただっこして戻るようにしてください。

心疾患が原因の循環器疾患の場合にはやはり心臓に負担をかけないようになるべく動かさないことをお勧めします。

いずれにしても絶対安静ということになります。食事や水は食べたり飲めたりするならば与えていただいてよろしいかと思います。

水以外にスポーツドリンクを2-3倍に希釈した液体を与えていただくのもよろしいです。

以上のようになんとか病院を探していただき診察を受けていただくことを第一にお勧めします。ダメは場合には絶対安静を症状が治まるまではしていただくことをお勧め致します。

質問者: 返答済み 4 年 前.
詳しい回答有難うごさいます。
その回答を受けてもう一つ質問したいのですが。
痛みの原因ついて。私は普段犬の世話できていなく母に任せっきりなのですが、最近ベスが足を良く舐めていて、痛そうだ、との事で昨日の夜、足を見た所爪が伸びていてそれが肉球にあたっているように見えました。

なので昨日爪切ったのですが、その爪で肉球を痛めた事とは関係として考えられるでしょうか?

ちなみに担当してもらっている獣医さんなどはおりません。
もう少し他の病院も当たってみたいと思います。
再度質問申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。
専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

ご返事ありがとうございます。

べスちゃんがもし肉球を痛めていた場合にはやはり足を舐めると思います。

その足をすごく気にするしぐさがある場合には可能性としてあり得ますが、一般的には肉球の痛みで呼吸が荒くはならないと思います。

ですので肉球を痛めた可能性はあるとしても今回の原因にはなりにくいと思います。

脊髄疾患の場合には腰が痛いわけですので、抱っこする場合にはおしりを抱えて持っていただき腰に負担がかからないようにしてあげてください。

よくあるのは普通に胸に手を当てて抱き上げようとすると脊髄に圧迫が加わり痛がる症状(キャンとなくなど)が、腰の痛みの場合に出やすいです。

心臓が原因の場合には呼吸が苦しくて呼吸が荒くなっております。その場合ひどい場合には臥せができなくて犬座位の姿勢を保とうとします。ほとんどの場合丸くなって寝ることはできなくなります。なぜかというと丸くなると胸部が狭くなるためです。呼吸が苦しくて息が荒い場合には胸部をできるだけ大きく開ける姿勢を保とうとします。

そのような姿勢はしていないでしょうか。

質問者: 返答済み 4 年 前.
早い返答有難うございます。
足の痛みは関係ないのですね。

元々かなりの肥満なのであまり丸まって寝てる事が少なように思いますが、確かに今は体を伸ばしてぐったりしているようです。

持ち上げても鳴いたりしないので、心臓の方が疑わしいのかな?

やはり早く病院に連れて行くのが一番なのですね。
無理なら先生の教えてくださった、対処で様子を見て、連れていけるようになればすぐ連れて行きたいと思います。
もしまた変化があれば質問させて頂きます。
ヨロシクお願いします。
専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

ご返事ありがとうございます。

診察させていただいておりませんので、断定的なことは言えませんが今の段階では腰の痛みと心臓と両方の可能性を考えて対処されることをお勧め致します。

心臓の場合には胸に軽く手を当てただけで心臓の鼓動がザッザッと感じることもありますが一般の方は分かりづらいと思います。

今はとにかく絶対安静にしていただくことをお願い致します。

いつでもまたご質問ください。

お大事にしてください。

issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問